小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

いますぐ本を読みたくなってしまう読書のメリット①「語彙力」

2016.01.02

2件

IMG_0437

を読むのは面倒だ、という人いますよね?
実は、僕もその中の一人でした

 

 

本を読まなくちゃいけないって思っているのにやる気が出ない。

自分の不甲斐なさに、イライラしますよね。

 

 

友達の家に行ったら、本棚には難しそうな本がズラッと・・・
「全部読んだの?」
と聞くと、
「全部読んだよ。ニーチェとか分かりやすかったなぁ」

 

 

とか言われて、
家に帰ってみると自分の本棚には大量の漫画本が乱雑に並んでいる

 

 

やる気を奮い起こして分厚い本を買ってみたものの
途中で読むのをやめてしまい、ただのインテリアに。

 

 

そんな経験、ありませんか?

 

 

もし、僕が今から教える考え方を自分の中に落とし込んでしまえば、
いつでも本が読みたくて読みたくて仕方がなくなってしまうことでしょう。

 

 

そのためには、このブログをしっかりと読んでくださいね。

 

 

きっと、快適な読書ライフと素晴らしい自分が手に入るはずです。

 

 

さて、今回は
「いますぐ本を読みたくなってしまう読書のメリット①『語彙力』」
について書いていきます。

 

 

なぜ、多くの人が「本をたくさん読んだほうがいい」というのか。

 

それは、本を読むことによって様々なメリット(利益)がもたらされるからです。

 

 

このメリットというのがとても強力で、実用的なものから抽象的なものまで多々あります。

 

 

今回は、本を読むことによって得られる素晴らしいメリットの一つを紹介しましょう。

 

 

それは、
「語彙力が鍛えられる」
ということです。

 

 

どういうことかというと、
本をたくさん読むことによって多くの言葉が自分の中に落とし込まれることになります。

 

 

そのことを「語彙力が高まった」ということができます。

 

 

例えば、”コンセプト”という言葉

 

 

この言葉の意味を知っていますか?
もし知っていたら、すみません。流石です。

 

 

この言葉は「物事の核となる部分」という意味です。

 

 

まず、この言葉を知らなかった場合、
日常会話の中で「この企画のコンセプトは・・・」
とか言われた瞬間から話がちんぷんかんぷんになってしまいます。

 

 

本をたくさん読むことによってこのようなことを予防できるようになるでしょう。

 

 

しかしこれだけではありません。
もし”コンセプト”について、この記事をあらかじめ読んでいたらどうなるでしょうか?

 

水野敬也のウケる日記「コンセプトと演出」

 

・・・読んでいただけましたか?

この記事には、コンセプトという言葉の意味について

とても熱く書かれています。

 

 

できればいますぐ読んでほしいです。
あなたにとって価値観が一変してしまう記事になるかもしれません。

 

 

さて、つまり僕が何を言いたかったのかというと

例え同じ言葉でも、それにまつわるストーリーや物語を読んでいるだけで、言葉の重みが変わってくる

ということです。

 

 

上の例でいうと、

あの記事を読んだ人が使う”コンセプト”という言葉は、

一種の重みを持つことになります。

 

 

同じ”コンセプト”という言葉でも、
あの記事を読んでいない人の放つ”コンセプト”と、
読んだことのある人の放つ”コンセプト”では言葉の重みが全く違ってきます。

 

 

本をたくさん読んでいくと、その言葉にまつわる多くのストーリーやお話に出会えます。

 

 

その度に、あなたの脳内ではいままでの言葉に「新しい意味」が加わっていくことになります。

 

 

本を読めば読むほど新しい意味が追加されていくので、もしあなたが何百冊も本を読んでしまった場合には

 

 

「お前その意味わかってんの?」
というツッコミさえ入れることが可能になるかもしれません。

 

 

本をたくさん読めば「語彙力」が鍛えられます。

 

 

語彙力が付くことによって得られるメリットについては、また次回。

それでは今回はこの辺で。おつかれさまでした!

P.R.5000人以上が学んだ速読術


僕は小さい頃から本を読んできませんでした。


 

そのせいでコンプレックスを抱えたり、
仕事ができなかったり、
コミュニケーションに難ががあったのです。


 

そんな僕が、速読法に出会って
読書をするようになってから、
あっさりと成功することができました。


 

いまは経営者として活動したり、
セミナーにゲストに呼ばれて講演をしたり、
教養人と一緒に仕事をしたりしています


 

その経験から、才能に恵まれなかったとしても
本を読んで知的好奇心のままに過ごせば
誰でも自分を変えられると信じています。


   

そして、読書家が少しでも増えれば、
一人一人の知識の総量は増え、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。


 

その理念から、僕がどのように速読に取り組み、
ゼロからスキルを磨いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。


 

電子書籍は、これまで5000人以上が読んできました
この書籍に出会って成功した人も大勢います。


 

難しい言葉は極力使わずに、
20分程度でサクッと読める内容に仕上げています。
もし興味があれば読んでみてください。


 

「成功を掴む読書法」を読んでみる


 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

5000人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter