小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

本を読むときに最適な時間帯を知っていますか?

2016.01.07

1件

file9121279802710

書をするときの時間帯はいつ頃がベストなのか、

考えたことはありますか?

 

 

この問いの答えを知っているだけで、

あなたの読書効率は3倍に膨れ上がります。

 

 

そうすると、他の人が一冊の本を読み終えるまでに
あなただけ三冊の本を読めることになります。

 

 

読んでいる本が資格の本だったり、

知識を得るための本だったりした場合
あなただけ他の人より遥かに多い知識量を手に入れることができます。

 

 

この前の記事にも書きましたが、本をたくさん読めば読むほど
語彙力が定着してきます。

 

 

あなたの言葉に重みが出てきて、
あなただけ大きくレベルアップすることになります。

 

 

逆にこの問いの答えを知らなかった場合、

あなたは最悪の時間帯に
読書をしているかもしれません。

 

 

もし最悪の時間帯に読書をしていた場合、

読書スピードは衰え、知識の吸収率は大きく低下します。

 

 

そうすると、あなたは他の人が本を読み終わっている間も
本を読み続けなければなりません。

 

 

吸収率も悪いので、
もう一度本を読まなくてはいけなくなるかもしれません。

 

 

それだけでも大きな時間のロスですよね。
半端な知識を手に入れてしまい、自分もレベルアップせずに終わってしまいます。

 

 

その読書をするのに最適な時間とは、ズバリ

「朝」

です。

 

 

「朝の1h・昼の2h・夜の3h」と言われている法則ですが
これは、時間帯における作業効率の違いを表している法則です。

 

 

例えば、もしあなたが大学生で、指定された一冊の本を読んでから
レポートを書きなさいと言われた場合、時間帯によってレポートを
書き終えるまでのスピードが圧倒的に変わってきます。

 

 

もし朝にレポートに取り組んだ場合、1時間で済むような内容でも
昼間にやってしまうと2時間かかってしまいます。

 

 

さらに、もし夜中にレポートに取り掛かってしまった場合は3時間もかかってしまいます。

「朝飯前」という言葉がありますよね。

 

 

その言葉はいまでこそ少し違う
意味で使われていますが、本来は
「どんな物事でも、朝飯前にやってしまえば簡単になる」
という意味からきたのではないかと言われています。

 

 

なぜこれだけ効率が変わってきてしまうのでしょうか?

 

 

それは、朝の時間帯は脳の情報が整理されている状態になっているからです。

 

 

少し脳科学的な話になってきてしまいますが、

脳というのは寝ている間に情報が整理されていきます。

 

 

つまり、起きて間もない時間というのは、

情報が整理されてクリアな状態になっています。

 

 

だから、どんな作業でも簡単に取り組むことができます。

 

 

本を読むときに至ってはこの効果は絶大です。

 

本を読むというのは読んだ文章の情報を
脳に入れて処理するという作業の繰り返しですから、
整理されてクリーンな状態の脳には情報がとても入りやすくなっています。

 

 

逆に、夜というのはその日あった

様々な出来事に脳のメモリが埋め尽くされている

状態ですから、一度寝て脳の情報を整理しないといけない状態です。

 

 

そういうゴチャゴチャの状態の脳に情報を入れようとすると、朝と比べて
非常に効率が悪くなってしまうのです。

 

 

さらにもう一つ理由があります。
朝というのは、大抵の人にとって「時間制限」が設けられています。

 

 

出勤する前だったり、通学する前だったり、出かける前だったり・・・。

 

 

この「~する前までに」という気持ちが作業効率を爆発的に高めます。

 

 

例えば「出勤するまでにこの章を読もう」と思えば、

脳はフル回転で処理を進めて、本当に読みきれちゃうことがあります。

 

 

逆に、夜にやってしまうと自分の体力次第でいつまででも起きていられますから
時間制限による効率化は起こらないようになります。

 

 

朝早く起きて読書をするって、なかなか難しいですよね

 

 

僕も早起きは苦手で、せっかく読もうと思って寝て起きたら昼過ぎだったとき
自分をひどく責め立てて落ち込んだときもあります。

 

 

でも、安心してください。確実に朝早く起きれて、

 

 

しかも「本を一定のところまで読みきる」方法を見つけました。

 

 

これには手順がありますが、誰でもできて簡単な作業なので

ぜひやってみてください。

 

 

まず、

 

①前日に読みたい本を開き、読みたい分量の10分の1くらいまで読む
②本を置いて本の下に隠すように目覚ましをセットする。
③朝起きたら本を開き、前日に読んだ分も含めて読む。

 

これだけです。一回やってみたら効果は絶大です。

 

 

①について、あなたが読む本は必ず「読みたい本」ですので、
10分の1も読んだら続きが気になりますよね。
その気持ちを利用して、②番で目覚ましと本のコンボで起こします。

 

 

そしてとても重要なのが、

③番の「前日に読んだ分も含めて読む」というところです。
面白いことに、本を読むスピードというのは読み始めからあまり変化しません。

 

 

あなたが朝早く起きて読む内容は、

前日に読んだ内容ですからすぐに頭に入ってきます。

 

 

寝起きであまり機能しない脳にとってはいい準備運動になりますし
読むスピードを高めたまま新しい文章へと進んでいくことができます。

 

 

こうすることで、素早く脳を目覚めさせ、時間制限もあいまって
処理能力がMAXまで引き伸ばされます。

 

 

以上が、朝早く起きて本を読む方法の全てです。

 

 

早起きすると眠くて眠くて、

本を開くのなんてとても難しいですよね。

 

 

僕も、このテーマに関しては今もまだ奮闘中です。

 

 

しかし、これをマスターすると他のライバルに
大きな差をつけることができます。

 

 

あなただけ異常な量の本を読んで、
たくさんの知識や能力を身につけることができます。

 

 

もしあなたがサラリーマンや学生なら、
朝読んだ本の内容にふけりながら出かけることもできますよね。

 

 

そうやって始まったあなたの1日は、
他の人より遥かに充実していること間違いなしです。

 

 

ぜひ、朝活で本を読んでみてください。
必ずあなたの生活を良い方向へと導いてくれます。

 

 

それでは、今回はこの辺で。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

500人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ


Qlook解析中♪

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter