小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

意外と知られていない読書の重要なデメリット4選

gmeri

読書の重要なデメリットを4つ挙げてみた

 

んにちは、篠原錬です。

 

 

いままで強力な読書のメリットについて

お話してきましたが、

 

つい先日、読者の方から

『あえて読書のデメリットを挙げるとしたらなんでしょう?』

というメールをもらったので

 

 

今回は、読書のデメリットを数個挙げていきたいと思います。

 

 

読書のデメリット①:時間が持っていかれる

 

 

おそらく、一番想像しやすいのは

『読書は時間がかかる』

ということだと思います。

 

 

速読や精読を習得していない場合の話ですが、

(僕のメルマガ読者の方はそんなことないと思いますが)

 

一冊の本を読むのに3~4時間はかかってしまいます。

 

 

また、完全に理解しようと思うと

3周以上しないといけないので、

 

実際には1冊の本をしっかりと理解するのに

10時間以上はかかってしまうでしょう。

 

 

10時間もあれば、アルバイトをすれば

1万円は稼げてしまいます。

 

 

その1万円+本の代金を犠牲にしてまで

得るべき知識なのか、

考えてから読書に取りかかるべきだと思います。

 

 

まあ、知識をしっかりと得ることができれば

書籍の代金の1000倍の利益になって返ってくるので

 

1万円かけても全然ペイできると思いますが。

 

 

読書のデメリットとして、

どうしても時間がかかってしまうというのが言えます。

  

 

 

 

読書のデメリット②:視力の低下

 

 

 

これはどうしても避けられないことですが、

読書をすると視力が低下していきます。

 

 

まあ、漫画やゲーム、パソコンやスマホなど

 

現代人は視力を下げる原因が

あっちこっちに転がっているので

 

読書だけにこのデメリットを持ってくるのも

どうかと思いますが・・・。

 

 

読書をずっと続けていると、

どうしても視力が低下してしまいます。

 

 

ただ、視力が下がるといっても

スマホなどの明かりが強いものよりはマシなので

 

スマホをイジる時間を読書に当てることで、

視力の低下を防ぐという考え方もできます。

 

 

 

 

読書のデメリット③:行動しなくなる

 

 

 

読書にハマりすぎると

外出しなくなってしまいます。

 

 

『机上の空論』という言葉があって、

大学教授が陥りやすいのですが

 

ずっと理論ばかりを勉強して、

実践に移すことをしなくなってしまいます。

 

 

例えばビジネスなどは、

学んだことを実践するから成長していくわけです。

 

実際にビジネスをして、

色んな経験をした上で知識を学ぶからその知識が活かせるわけで

 

これが理論ばかりを学んでしまっては、

せっかく学んだ知識を腐らせてしまいます

 

 

『書を捨てよ、街に出よ』

 

 

という言葉がありますが、

読書ばかりしているのもデメリットになるということです。

 

たまには本を閉じて、

外の世界に身を投じて色んな経験を積むようにしましょう

 

 

 

 

読書のデメリット④:天狗になる

 

 

 

これは読書をある程度習慣化して

たくさん本を読んだ人にだけわかることですが

 

 

だんだんと、周りがバカに見えてきます。汗

 

 

なんでそんなこと知らないの?

なんでわからないの?

 

 

こういう感情がポツポツと沸いてくるようになります。

 

 

僕も1日数冊の本を読むようになってから、

周りの人がバカに見えて仕方なかったです

(いま思えば当時の自分の相当なバカですが)

 

 

そのせいか、『自分は頭が良い』

と錯覚してしまい、天狗になってしまいました。

 

 

読書をすると往々にしてこういうことになります。

 

 

知識があるけれど、人の心がわからない、

経験が浅い・・・

 

 

こういう人間にはならないようにしましょう。

 

 

いくら知識が膨大にあっても、

それだけで偉いというわけではなく

 

その知識を活かしてどういうことをしていくのか?

 

ということのほうが重要です。

 

 

 

読書のデメリットまとめ

 

 

いかがでしたか?

 

普段、読書のメリットばかりに注目していたから

デメリットはなかなか思いつかなかったです・・・。

 

 

今回は読書のデメリットを紹介しましたが、

読書のメリットはこちらでまとめているので

もしよかったら読んでみてください。

 

 

読書が嫌いでも、大の読書好きになって

効率よく1日数冊もの本を読めるようになる方法が書かれています。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

500人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ


Qlook解析中♪

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter