小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

読書の3大メリットとは?

hikari3

んにちは、篠原錬です。

 

 

読書のメリットを知ることで、

読書効率を大きく上げることができます。

 

 

『人間は得をすることには強い行動力を示す』

 

ということは心理学的に証明されているので、

読書のメリットを知ることは意外と重要なことなんです。

 

 

読書のメリットなんて重々承知だよー!

という人もいるかもわかりませんが、

ここでは意外と知られていない3大読書メリットを紹介していくので

 

ぜひ、最後まで読んで読書のメリットを

再発見していただければなと思います。

 

 

 

読書メリットの前提知識:成功者はみんな、読書をしている

 

 

読書のメリットを教える前に、

まず前提となる知識を共有しておこうと思います。

 

 

成功者は何をしている?

 

という話ですが

 

ここでいう成功者とは、

色んな業界でトップレベルの成功を収めている人だったり、

お金をたくさん稼いでいる社長、ビジネスマン、

芸術家、音楽家、スポーツ選手などを指します。

 

 

ドイツの学者、オストワルトは

「偉人や成功者たちに共通していること」

を2つ挙げていて

 

1つは「プラス思考であること」

 

そしてもう一つは・・・

 

 

読書家であること

 

です。

 

 

大成功した経営者達に話を聞くと、

多くの経営者が『センスを磨くために大量に本を読んでいる』

と答えていて 

 

これは、オストワルトも言っているように

経営者=成功者 の共通点が「読書家」

であるということの証明でもあります。

 

 

さらに、驚くべきことに

 

最新の感性工学の研究によると、

「センス(感性)は情報量に比例する」

ということが分かっています。

 

 

ミュージシャンやダンサー、漫画家・・・

 

センスのある人は、その分野における

情報量がとてつもなく多いです。

 

 

ミュージシャンは何千曲もの膨大な系譜の情報

ダンサーは何千種類ものダンスの動き

漫画家は何万コマもの漫画の描写

 

 

など、頭の中には図書館の

本棚に収まりきらないほどの情報が詰まっています。

 

 

つまりどういうことかというと、

「本を読むと、センスが磨かれる」

 

 

これは精神論でもなく、科学的な事実です。

 

情報量に比例して、センスと言うものは磨かれていきます。

そして情報を手に入れるのに最も適しているのが、

情報がビッシリ詰まった本を読むということ

 

つまり、読書です。

 

 

“成功者はみんな読書をしている”

ということを前提として、

それではいよいよ読書のメリットに入っていきましょう!

 

 

 

想像力が身に付く

 

 

 

『中東のタリバンで自爆テロが起こった!』

 

 

というニュースを見たときに、

涙を流す人と流さない人がいます。

 

 

もし、読書をしていて『中東の民俗学』

や『世界史』に関する本を読んでいたとしたら

 

 

中東にどんな人が住み、どんな生活を送っているのか

そこに想像力をはりめぐらし、共感することができます。

 

 

別に涙を流すことが良いわけじゃありませんが、

このように『単なる情報』も、

読書をしているかしていないかで

受け取り方が変わってくるということを言いたいです。

 

 

読書の過程で小説を読んだり、

色んな描写に出会ったりしますが

 

そのときに培われるのが『想像力』です。

 

 

想像力を養うことで、

 

“仮説”を建てることができ、

未来のことを考えることができます。

 

 

AになったらBになる。

BになったらCになる・・・

 

というようにどんどん先のことを

具体的に想像できるようになり、

 

まるで未来が見えているかのように

行動に移すことができるんです。

 

 

人類史上最強の頭脳を持っているといわれている

アルベルト・アインシュタインも

 

「想像力は知識よりも大切だ」

 

と言っています。

 

想像力の力は、仮説を立てることを助け

あなたが行動することを促してくれます。

 

 

また、ディズニー映画の中でも

たびたび『想像力』がエネルギーのひとつとして

解釈されている場面をよく見ます。

 

 

ミッキーマウスは

夢を叶える力=想像力

と何度も唱えていて

 

ミッキーの敵は、その想像力を

あらゆる方法を使って奪おうとします。

 

 

ディズニーの中でこれほど想像力のくだりが多いのは、

ウォルト・ディズニーが『想像力』を

非常に大切なものだと捉えているからです。

 

 

「夢は、現実だと錯覚するまでイメージするから現実になる」

 

 

ということはつまり、

 

想像できないもの=現実にならない

 

鮮明に想像できるもの=現実になる

 

この式が成り立ちますよね。

 

 

だから想像力を鍛えることは非常に重要なことだし、

読書をすることで想像力を養うことができます。

 

 

本を読むときは、書かれていることを脳の中で

具体的に鮮明にイメージしますが

 

 

その「イメージする」という作業が、

本を読むことによって何度も繰り返されます。

 

 

登場人物の特徴、性格、

出てくる情景、色、物、形

 

 

これらの描写を呼んで

景色・音・匂い・触感に至るまで

五感のすべてをフル活用して想像します。

 

 

このプロセスが、

想像力をメキメキ養っているんですね。

 

 

『想像力が磨かれる』

これも大きな読書のメリットの1つです。

 

 

 

 

読書のメリット③:語彙力が身に付く

 

 

さて、どんどん具体的な読書メリットが出てきますが

 

『語彙力が身に付く』

ということについて。

 

 

読書をすると、語彙力が身に付くというメリットがあります。

 

 

読書をしていると膨大な活字に出会いますが

そうすることで色んな語彙をストックすることができます。

 

 

お笑い芸人やニュースキャスターは、

この語彙力がハンパじゃなくて

 

当然、場慣れしているという面もありますが

アナウンサーなどが突然バラエティ番組に出演しても、

あれだけ面白いことが言えるのは

『語彙力』

のおかげです。

 

 

逆にお笑い芸人にニュースキャスターの

司会が務まるのも、語彙力のおかげです。

 

 

ほとんど異なる二つの職業ですが、

その橋渡しをしているのは『語彙力』です。

 

 

読書をしていると、この語彙力が自然と身についていきます。

 

 

語彙力を身に付けると

 

・言葉に重みが出る

・ユーモア性に富む

・教養があるように見える

 

などのメリットが得られ、

要するに、コミュニケーションにおいて

非常に有利になっていきます。

 

 

言葉をたくさん持っていれば持っているほど

伝えたい概念を色んな言葉で説明できるし

 

当然、その分だけ人を説得しやすくなります。

 

 

「こいつの意見、なんか薄っぺらいなぁ・・・」

 

と感じたときは、その人の語彙力が不足している証拠です。

 

もしかしたら、逆にあなたも

そう思われているかもしれません。

 

 

だから、意見に重みを加えるためにも、

知らない言葉に出くわして恥ずかしい思いをしないためにも

 

『語彙力』を磨くための読書をしていきましょう。

 

 

語彙力を手に入れられる。

大きな読書メリットの1つですね。

 

 

 

読書メリット③:知識が身に付く

 

 

いよいよ最後の読書メリットです。

 

 

これは読書の最大のメリットですが

 

読書をすることで『知識』が身に付きます。

 

 

知識というものは、いつだって自分の人生を助けてくれます。

 

 

例えば,

道端で自転車のチェーンが外れた!

 

というときに、チェーンを戻す方法を知っている人は

自分の力でチェーンを戻せますが

 

知らない人は誰かに助けを借りるか、

諦めて歩いて進むしかありません。

 

 

知識を持っているだけで、

選択肢に圧倒的な差が生まれてきます。

 

 

なにか問題が発生したときに、

100個の解決法が浮かぶ人と

4~5個しか浮かばない人がいます

 

 

それは単純に『知識量』の差です。

 

知識を身に付けることで、

人生を有利に進めることができるんです。

 

 

あなたがどんな仕事をするのかわかりませんが、

その仕事の分野において圧倒的な知識を持つことで、

問題の解決法については怖いものナシです。

 

 

自信を持って進むことができるし、

他人に圧倒的なアドバンテージを持って進むことができます。

 

 

知識は、時に『武器』になり得ます。

 

 

いまの時代、ロボットが台頭してきているわけですから

状況に応じて臨機応変に対応できる

知識が豊富な人間は重宝されます。

 

 

だから、積極的に読書をするようにしましょう。

 

 

知識を身に付けると、どんな問題にも対応できる

貴重な人間になることができます。

 

知識を身に付けることができるのは読書の大きなメリットの1つです。

 

 

 

読書メリットまとめ

 

 

いかがでしたか?

 

 

読書の3大メリット

 

・想像力が身に付く

・語彙力が身に付く

・知識が身に付く

 

について、理解できたでしょうか?

 

 

このメリットを知った上で読書を進めると、

より効率の良い読書をすることができます。

 

 

それこそ、本を読むスピードが

数倍に跳ね上がるでしょうし

 

本の理解度も大幅にアップするでしょう。

 

 

なによりも、メリットを知ることで読書が好きになるはずです。

 

 

『メリットを知ることのメリット』

 

もここに挙げる以外にもたくさんあるのです。

 

 

もし、もっと多くのメリットを知りたいのなら

無料で電子書籍を配布しているので

そちらをご覧になってみてください。

 

 

読書の7大メリットだけでなく、

本を速く読む『速読』の方法

その他の読書術についてもお教えしています。

 

興味があったらぜひ^^

 

 

以上、3大読書メリットでした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

500人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ


Qlook解析中♪

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter