小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

精読に活きる読書ノートの書き方とメリット

2016.05.27

2件

読書ノート

読書ノートの書き方とメリット

 

 

んにちは、篠原錬です。

 

 

読み終わった本の中で、

タイトルを見ただけで内容がフラッシュバックする本

どのくらいありますか?

 

おそらく、本を読もうと思ったとき、

読み終えたはいいけど読みっぱなしになっていて

タイトルを見てもあまり内容が思い出せない・・・

 

という場合がほとんどだと思います。

 

 

本は色々なことを教えてくれますが、

日常生活の中で役に立つことはあまりありません。

 

なぜなら、それは一度読んだ本を

『読みっぱなし』

にしているからです。

 

 

『おお!これは使えるかも!?』

と思っても、次の日には忘れていたり、

 

失敗例を学んでも同じ失敗をしてしまったり

 

 

こういう経験、あると思います。

 

かくゆう僕も、一度買って読んだ本を

そのまま読みっぱなしにしてしまい、

学んだことをまったく活かせていない時期がありました。

 

 

しかしそれも、『読書ノート』を作ることで

ほとんど解決してしまいます。

 

一度読んだ本はしっかりと自分の中に落とし込むことが重要です。

 

 

今回は、実際に僕がやっている

読書ノートの書き方とそのメリットについて

詳しくお話していきたいと思います。

 

 

読書ノートを書くメリットとは?

 ノート フリー

 

まずは読書ノートを書くメリットについてお話していきます。

 

 

読書ノートを書くという行為は、

広義的に『精読』と同じだと言えます。

 

 

精読とは

『読んだ本の内容を自分の中に常識となるまで落とし込む』

ということを目的としていて(篠原錬の定義)

 

本の理解度を100%近く(常識レベル)まで

理解するためのスキルのことを言います。

 

 

読書ノートは精読のスキルの中でも

かなり効果が高く、訓練なしで

すぐに実践できるので精読初心者にはオススメです。

 

 

本を読んでいたら色々と考えることがあると思います。

 

 

本当に多くの情報が頭の中に入ってくるので

自分が持っている知識や先入観とぶつかって

考えの渦を巻き起こします。

 

 

そのとき、モヤモヤする部分もありますが

『ひらめき』もあるはずです。

 

なるほど!と思ったり、

そういうことか!と腑に落ちたり

 

そういった貴重な考えの渦を

そのままにして忘れてしまうのは

非常にもったいないので

 

読書ノートには、そういった

ひらめきや考えの渦などを書き込んでいきます。

 

 

そうすることで、自分がひらめいたことや

新しく理解したことを保存できるので

あとで見直したときにより深く理解することができます。

 

 

読書ノートは本の内容を手っ取り早く復習できる

 a0024_000346

また、これが一番大きなメリットなのですが

 

読書ノートを書くことで、

本の内容を手っ取り早く復習することができます。

 

 

読書ノートには本の内容が要約されて書かれているので、

一回見直すだけで簡単に復習することができます。

 

 

ノートのページ数が100あるとすると、

単純に100冊の本の内容を

一冊のノートにまとめることができるのです。

 

 

しっかりとまとめることができると、

一回読み直すだけで『100冊分』

の本を一気に思い出すことができます。

 

 

当然、頭も思いっきり回転するし

本で学んだ教訓を存分に活かすことができます。

 

 

ビジネスシーンや勝負どころでの

読書ノートは心強いパートナーになりますね。

 

 

それでは、実際に読書ノートの書き方を見ていきましょう!

 

 

テーマ毎に読書ノートを作る

 a1180_012210

 

僕がオススメしているのは、

『テーマ毎に読書ノートを作る』

というものです。

 

 

テーマというのは、例えば

 

・自己啓発

だったり

・ビジネス書

だったり

・小説

だったり

 

 

自分が極めたいと思うテーマ

ノートを作成していきましょう。

 

 

テーマは細分化してもいいです。

 

 

例えば

『自己啓発』⇒『哲学』『やる気』『行動経済学』

にわけたり

『ビジネス』⇒『経営』『経済』『マーケティング』

にわけたり

 

 

自分が極めたいと思うテーマなら、

とことん細分化していってもいいです。

 

 

目安としては

「このテーマだったら100冊読める」

という感じですね。

 

 

そして、読んだテーマの本の要約を

その読書ノートに書いていきます。

 

 

テーマ毎に読書ノートをまとめることで、

その読書ノートが

『自分だけの本』

に変貌していきます。

 

 

さっきも言ったとおり、

100ページあれば100冊分の情報を

一冊の読書ノートに凝縮することができます。

 

 

すると、例えば

『ビジネス』

というタイトルのノートだったら

 

自分が読んだビジネス書のエッセンスが

凝縮された読書ノートの完成です。

 

そこにはマーケティングのノウハウも入っているし、

経営学の本も入っているし

 

投資・金融の知識も入っています。

 

 

そこには自分の考えが反映されているし、

自分にわかりやすく要約されているので

 

世界で一番成長できる最高の本(ノート)だと言えるでしょう。

 

 

自分が極めたテーマ毎に読書ノートを作るのは必須です。

 

 

メリットを最大化する読書ノートの書き方

 a0990_000335

 

読書ノートを書くメリットは、

なんといっても『考えの整理』です。

 

 

本を読むと、とてつもない量の情報が

頭の中に入ってきて、色んな考えが

自分の中で渦巻いていきます。

 

 

そのとき、考えの渦のなかで

アイデアを閃いたり、

新しい知識が府に落ちたりしますが

 

それをほったらかしてしまうのは、

とてももったいないです。

 

 

読書ノートには、その考えの渦をまとめていきます。

 

 

大切なのは、

『本を読み終わったときにすぐ書く』

こと。

 

 

「はー、読み終わった。面白かったな・・・」

 

と、本の内容を回想しているときこそ

一番読書ノートをまとめるときです。

 

 

すぐにノートを開き、内容を書き込むようにしましょう。

 

 

タメになる読書ノートの具体的な書き方

 

 

では、読書ノートに一体何を書けばいいのか?

というと、僕が書いているのは以下の3点です。

 

 

・本の要約(140文字以内)

 

・本を読んで新しくわかったこと(分量自由)

 

・自由項目(分量自由)

 

 

ひとつずつ解説していきましょう。

 

 

・本の要約

 

なぜ140文字以内かというと、

Twitterで本の内容をつぶやくからです。

 

 

Twitterは非常に便利なのですが、

他人にわかりやすく本の内容を伝えるために

140文字以内に要約するという作業は、

 

かなり思考力を鍛えてくれます。

 

 

さらにはTwitterには軽いけど厳しい

他人の視線がありますから、

適当なことは書けません。

 

 

だからこその140文字です。

要約するには140文字で十分。

 

もし書けたら、実際にTwitterで

つぶやくなどしてみましょう。

 

同じ本を読んだ人がいれば

その人と議論することでさらに

考えが深まることがあります。

 

 

・本を読んで新しくわかったこと

 

これは、読んだ本のなかで

『新しく』わかったことを書いていきます。

 

すでに知っている知識や考えを書く必要はありません。

 

読書ノートのそのページに価値を持たせるため、

「これは知らなかった」

「これは役に立った」

ということだけを書いていきましょう。

 

 

すると、ひとつひとつのページをめくるたびに

知識を吸収することができるので

 

非常に価値がある読書ノートを作ることができます。

 

 

 

・自由項目(分量自由)

 

 

ここには、ひらめいたことや

自分の考えを書いていきます。

 

分量自由なので、

自分の考えが整理されるまで書いてみましょう。

 

コツは、丁寧に書くのではなく殴り書きをすることです。

 

 

思ったこと、考えたことを

バーーッと書いていく。

 

すると、意外と考えが整理されてスッキリします。

 

 

理解度も増していると思うので、

ぜひやってみてください。

 

 

 

読書ノートの書き方とメリットまとめ

 a0790_001232

 

以上、読書ノートの書き方とメリットをまとめてみました。

 

 

ノートを全部埋める頃には

かなり自分がレベルアップしているし、

最高の読書ノートが完成しています。

 

 

ぜひ、完成を目指して読書をしてみてください。

 

 

ちなみに、より効率良く、

たくさんの本を理解度MAXで読む方法は

こちらのページでお渡ししています。

 

もし興味があったらぜひ^^。

 

 

 

あと、大事なこと言うの忘れていましたが

 

 

読書に使うノートは、できれば高級なものを使ってください。

 

間違っても安いノートを使うのはダメで

しっかりとした、高いノートを使いましょう。

 

 

そうすることでノートを埋めようという気持ちになるし、

よりモチベーションも上がると思うので。

 

 

お金がない!という人は、

Seriaに行けば100円で高級なノートを買えます。

 

 読書ノート

これは僕の読書ノートですが、

Seriaで100円で買いました。

(いまは2000円のノートを使っていますが汗)

 

 

オススメですのでぜひ!

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

この記事が役に立った!

とちょびっとでも思ったら気軽にシェアをお願いします!

 

 

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

500人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ


Qlook解析中♪

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter