小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

誰も知らない語彙力を手っ取り早く鍛える3つの方法

2016.06.21

5件

ランドルト環

語彙力を鍛える手っ取り早い3つの方法を紹介してみた

 

んにちは、篠原錬です。

 

「語彙力が欲しい」

という人は多いと思います。

 

確かに、語彙力があればどんな言葉にも対応できるし

自分が発する言葉にも重みが出てきて、

なんだか賢い雰囲気を醸し出せます。

 

語彙力を鍛えることで人生がより一層彩りのあるものに変わることは確かでしょう。

 

そんな魅力的な「語彙力」というステータスですが、

どのように鍛えれば最も効率が良いのでしょうか?

 

ここでは、手っ取り早く語彙力を鍛える方法を3つ紹介していきます。

 

 

とにかく文字に触れる

 

 

まず大切なのは、とにかく文字に触れるということです。

 

本・雑誌・新聞・ニュースアプリ・・・

 

僕らの身の回りには何億という文字が溢れていて、

文字に触れない日は絶対に無いはずです。

 

その中で、誰よりも多く文字に触れることが

語彙力を鍛える近道になります。

 

その中で、最も情報量が多いのはやはり

『本』です。

 

本を読めば自然と知識が付いていくどころか、

よりレベルの高い考え方を身に付けることができます。

 

もちろん、深い知識が付いていくので

それに伴って語彙力もメキメキ付いていきます。

 

また、速読を利用して本をたくさん読む方法も使えます。

 

速読を利用すれば1日10冊以上の本を読めるし、

頭を高速で回転させるため、疲労は激しくなりますが

その分だけ多くの文字を処理することができます。

 

単純に考えて、年間で10冊しか読まない人と

年間で300冊以上読む人では

 

語彙力に圧倒的な差が出てしまうのは明白ですよね。

 

語彙力を身に付けるためには、

習慣的に本を読むか、もしくは速読を利用して

一気に本を読んでしまいましょう。

 

 

自分だけの語彙ノートを作成する

 

 

普通に生活している途中で、

「新しい言葉」

に出会うことがあると思います。

 

もしくは「へぇ~、そんなものに名前があるんだ」

ということに出会うときがあります。

 

例えばですが、

ランドルト環

視力検査で目にするこの記号の名前、

知っていますか?

 

 

答えは、「ランドルト環」です。

 

スイスの眼科医であるエドマント・ランドルトが

開発した記号で、サイズや形もハッキリと決まっているそうです。

 

 

このように、自分がこれまで知らなかった名前や

知識に出会ったら、それをノートに記すようにしましょう。

 

このノートは、できれば手帳サイズで常に持ち運べるものにして、

常にポケットに入れてペンを持ち歩き、

何か新しい知識に出会ったらすぐにメモを取るようにします。

 

また、本を読んでいる最中で新しい言葉や知識に

ドンドン出会うと思うので、そのときにもメモをしていきます。

 

その語彙ノートは自分が知らなかった言葉・知識が

詰まっているので、読み返すだけでも刺激になります。

 

ぜひ、自分が知らない言葉・知識だけをまとめた語彙ノートを作成するようにしてみましょう^^

 

経験を積む

 

語彙力というものは、

発する言葉の重さという意味でもあります。

 

 

例えば

「遊び」

という言葉ひとつを取っても、

 

夜に色んな女性とフラフラ「遊ぶ」ことを言うのか、

子供同士でワイワイ楽しく「遊ぶ」ことを言うのか・・・

 

同じ言葉でも、知識を持っている人と持っていない人とでは

重みに差が出てきてしまいます。

 

 

要するに、語彙力を高めるためには

その言葉にまつわる「経験」を積まないといけないんですね。

 

だから家でただただ本を読んでいるだけではなく

本を読んで、外に出かけて、色んな経験を積む必要があります。

 

経験豊富な人が発する言葉に重みがあるのはそのためです。

 

 

【コラム】

説得力を持つためには、

自分が発する言葉に確かな確信が必要です。

 

元・内閣総理大臣の田中角栄が

会議において大きな発言力を持つことができたのは、

自分自身が小学高等科卒業で土方を経験してきたという

圧倒的な現実味があったからです。

 

説得力、つまり語彙力を身に付けるためには、

その言葉・発言に対する確かな経験が必要です。

 

経験を積んで、さらにその言葉にまつわる知識を身に付ければ、

次にその言葉に出くわしたときに

普通の人とは違う考えを持つことができるでしょう。

 

それがまさに「教養溢れる人間」であり、

語彙力が高い人間なのです。

 

このコラムにもある通り、

語彙力を身に付けるためには色んな経験や知識を身に付ける必要があります。

 

人生は有限なのですから、

積極的に色んな経験を積むようにしましょう。

 

語彙力を身に付ける方法まとめ

 

以上、語彙力を身に付ける方法3選でした。

 

とにかく、語彙力を身に付けるためには、

「色んな言葉と出会う」

ということを徹底していきましょう。

 

語彙力を身に付けると思わぬメリットを受け取ることができます。

 

語彙力のない大人にならないためにも、

人生で一番若いいまのうちに語彙力を身に付ける工夫をしていきましょう。

 

そのためには読書を利用するのが一番手っ取り早いと僕は思います。

(速読の方法はコチラです)

 

 

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

500人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ


Qlook解析中♪

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter