小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

『羽生結弦 王者のメソッド』羽生結弦が120%わかる本・・・書評、レビュー、評判

2016.04.02

2件

ダウンロード

羽生結弦 王者のメソッド 書評 感想 評判

 

んにちは、篠原錬です。

 

 

今日は『羽生結弦 王者のメソッド』

という本を購入して読んでみたので、

この本のレビューをしたいと思います。

 

 

手に取ってみたところ、すごく分厚かったので

それだけ本気度を感じられる本でした。

 

 

僕もしっかりとレビューをしていきたいと思います。

 

 

羽生結弦という人物を深く知ることができる本

 

 

羽生結弦という人間を知らない人は

この日本にほとんどいないと思いますが、

 

 

なんとなく知っている人も多いなかで、

濃厚なファンでなくても『羽生結弦』という人物を

とことん深く知ることのできる本だなと感じます。

 

 

テレビの向こう側にいる『王者』としての

羽生結弦をとことん詳しく知ることができる本で

 

 

ファンの方はもちろん、彼のことをよく知らない人でも

彼なりの『成功法則』を学ぶことができます。

 

 

彼がなぜ、あそこまで上り詰めることができたのか

その秘密が詰まっている本だなと感じました。

 

 

この本の魅力的な点は以下の3つ

 

 

・羽生結弦本人の王者のメソッドを知ることができる

・羽生結弦のサクセスストーリーがわかる

・写真がたくさん載っていて読みやすい

 

 

 

羽生結弦本人の王者のメソッド(成功哲学)を知ることができる

 

 

まず、彼はフィギュアスケーターとして活躍していますが、

彼なりの成功哲学を知ることができます。

 

 

フィギュアスケーターは精神のコントロールが

非常に重要な競技なので、日々プレッシャーに耐えるための

羽生選手の思考は、色々な勝負事において良い参考になるでしょう。

 

 

羽生選手が神の領域ともいれる高得点を出せる理由も、

この本を読めばわかるのではないかと思います。

 

 

その中で、特に印象に残ったのは以下の思考法

 

 

・「勝ちたい」と口に出すことで、プレッシャーを自ら作る。

 

 

↑これ、非常に大切ですね。成功する人、勝負に勝つ人は、

自分にこれでもかというくらいプレッシャーをかけます。

 

 

負けたときの言い訳を作らないから、

勝つために最善の行動を取ろうとするのです。

 

 

・難度を下げて無難にこなして、その試合で好成績を取るよりも、失敗して順位を下げても、次へのステップにつながる挑戦をしてきた

 

 

これも「なるほどなぁ」と頷きながら読んでいきました。

 

 

フィギュアスケートは自分で技を選べるクローズドスキルが要求されるので、

リスクの高い技を出すのを怖がる場合が多いのですが、

 

 

彼はその中でよりレベルの高い技に挑戦していき、力を付けていったようです。

 

 

“熱いお湯に浸かっていたらそのうち慣れる”

 

 

というのと同じですね。

スポーツをやっている人は非常に参考になると思います。

 

 

王者・羽生結弦の成功メソッドがわかる

 

 

また、この本はフィギュアスケーターの生活と混ぜ合わせて、

彼なりのサクセスストーリーが学べます。

 

 

海外で演技することが多いフィギュアスケーターですが、

その中で経験する色々なことがすべて、

彼のガソリンとなりエネルギーとなっているようです。

 

 

羽生結弦の考え方の根幹はここからきているのかもしれません。

 

 

いくつか挙げてみると

 

 

・ブルガリアの朝食のごはんにハーブが入っていてビックリした話

・阿部奈々美コーチにメダルをかけてあげようとして尖ったトロフィーの先がコーチの顔に刺さった話

 

 

などなど、ユーモアも混ぜつつ書いてくれています。

 

 

羽生結弦が成長する様子が写真と共に掲載されていて、

いまの羽生結弦を形作った貴重なエピソードも網羅されているので

 

 

これほど羽生結弦を知るにふさわしい本はないと言えるでしょう。

 

 

実際、何年ものあいだ羽生結弦に密着して

ようやく完成させた本のようですしね。

 

 

見方によっては、子育ての参考になるかもしれません。

 

 

羽生結弦本人を120%知ることができる本

 

 

この本は、羽生結弦を120%知ることができる本だと思います。

 

 

読んでみた感想としては、

彼がなぜあそこまで成功できたのか、

その理由の一片が見えた気がしました。

 

 

成功したい人、これから何かに挑戦する人は

ぜひこの本を手に取って羽生結弦の成功哲学を

学んでみることをオススメします。

 

 

以上、『羽生結弦 王者のメソッド』の書評を終わります。

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

500人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ


Qlook解析中♪

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter