小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

池谷裕二推薦の『使える脳の鍛え方』の内容を書評

2016.04.11

2件

51L1QtDQS3L._AC_UL320_SR226,320_

んにちは、篠原錬です。

 

 

昨日、こんな本を見つけました。

 

 

 51L1QtDQS3L._AC_UL320_SR226,320_

使える脳の鍛え方~成功する学習の科学~

(ピーター・ブラウン+ヘンリー・ローディガー+マーク・マクダニエル/依田卓巳訳)

 

 

個人的には、レビュー★4つという評価を出したのですが。

(理由は後述してあります)

これから有名になってくる本です。

 

 

このアメリカのアマゾン「教育 心理学部門」

堂々一位を獲得していて、

かなり絶賛されているようです。

 

 

また、日本でも脳科学で有名な池谷裕二さんも推薦していて、

これからどんどん有名になってくる本でしょう。

 

 

僕も実際に読んでみて、

新しい理論を発見することができたので

アウトプットするつもりでまとめてみたいと思います。

 

 

使える脳の鍛え方をレビューすると・・・?

 

 

この『使える脳の鍛え方』を

実際に読んでみた感想として

 

 

“非常に具体的な内容が書かれている”

本だと感じました。

 

 

『使える脳の鍛え方』

教育、とりわけ記憶法について、

とことん詳しく書かれています。

 

 

実際に記憶力が向上した事例から

具体的な訓練方法まで、

これでもかというほどビッシリと書かれています。

 

 

そのせいか、非常にボリュームが多いです。笑

 

 

僕も実際に本を受け取ってみて、

かなり分厚い本だなと感じました。

 

 

脳・記憶について専門的な内容で書かれているため、

少しだけ読解力が必要だと思います。

 

 

といっても専門的な語句は出てこないし、

特に身構える必要もないので、

しっかり読み込めば理解できると思います。

 

 

速読で読むと少し理解が薄くなると思いますので、

この本は『速読+精読』で読むようにしましょう。

(方法はコチラ⇒成功を掴む読書法)

 

 

ちなみに、『使える脳の鍛え方』にも

効率の良い読書の方法は書いてあります。

 

 

記憶に関する本ですので、

しっかりと理解することで読書の幅も広がるでしょう。

 

 

それについてもう少し詳しく触れていきます。

 

 

使える脳の鍛え方の主張

 

 

アメリカの本にありがちな形ですが、

この本はまず最初に記憶に関する既成概念を崩してきます。

 

 

『反復による記憶は効率の良い記憶法とは言えない』

というのがまず最初の既成概念の破壊で、

 

 

この本の主張は、その後に続く

“体験価値に基づく記憶の重要性”

を説いています。

 

 

わかりやすく説明してみると、

要は『自分の原体験に基づく記憶』は、

一生懸命反復して覚えた記憶より定着しやすいというものです。

 

 

歴史を覚えるときに実際にそのゆかりのある土地に

行ってみたほうが記憶に定着しやすいのと一緒で

 

 

つまり、自分にとって非常に重要な記憶だと

身体が評価を下したとき、難しい内容でも

バッチリと記憶できるというものです

 

 

おそらくあなたもそんな経験があると思います。

 

 

理化学の授業で、

『温度と飽和水蒸気量の関係』

を習ったとしても、理論を学ぶだけだと

何回反復しても覚えにくいですが

 

 

『葉っぱに露がついている』

 

 

というのを一目見たら、その理論を

強く記憶に定着させることができます。

 

 

 

だから、『使える脳の鍛え方』では、

大学の教育形態を批判しています。

 

 

テスト前にひたすら反復練習を繰り返す学生がいて、

その行為は膨大な時間の浪費だと言っています。

 

 

実は僕も現役大学生ですが、

このことは非常に共感できて 

 

僕は情報学を専攻していますが、

テスト前になるとみんな必死に単語を覚えようとして復唱します。

 

 

情報学は難しいカタカナの文字がたくさん出てくるので、

結構覚えるのが大変です。

 

 

「CPU、プロセッサ、アーキテクチャ、ウェアラブル、ユビキタス・・・」

 

 

こういった訳がわからない単語がたくさん出てくるので、

周りの学生は意味を暗記するのに非常に苦労しています。

 

 

ただ、僕は実際にパソコンを組み立てたことがあるし、

コンピュータを使ってゲームを開発したこともあります。

 

 

そのとき、原体験としてある程度

『コンピュータ』

というものに触れていたため、

これらの用語がすんなり入ってきました。

 

 

意味もよくわかるし、

解説しようと思ったら詳しく話すこともできます。

 

 

対して、実際にコンピュータ内部を触ったことがない人や、

体験としてパソコンに触れてこなかった人は、

ただの『言葉』としてその単語に触れます。

 

 

だから意味がよくわからないし、

ちゃんと覚えることもできないのです。

 

 

ビジネスをやったことがない人が、

マーケティングの話をいくら聞いても

深く理解しないのと同じです。

 

 

“原体験として記憶をしてみる”

 

 

というのを意識すると、

暗記するということは非常に簡単なことなので

ぜひそれを意識しながら暗記をしてみてください。

 

 

使える脳の鍛え方は内容が難しい

 

 

ただ、『使える脳の鍛え方』

には少し悪いところがあって

 

 

それは、使える脳の鍛え方の主張とも繋がってしまうのですが、

なにせ『事例が多すぎる』という点です。

 

 

客観的に正しいということを証明するために

必要なことだと本の中に書かれていますが、

それにしても多すぎます。笑

 

 

体感的には、本の半分以上が事例で埋め尽くされています。

 

 

かなり細かいところまで事例が紹介されており、

分量も多いので読むのに少し苦労するかもしれません。

 

 

(その点レビュー★4つという評価にしました)

 

 

しかし、その点あいまいな『脳・記憶』

というテーマにおいて、具体例がここまで多いのは

最も真理に近い内容なのかもしれません。

 

 

これでもかというくらい具体例が出されていて、

客観的に事実を証明しているので

 

 

他の薄い脳科学の本より強い説得力があります。

 

 

『記憶力を上げる』ということに

懐疑的な人は、この本を読めば疑念が払拭されるでしょう。

 

 

だから、それだけ詳しく書かれているのは

『使える脳の鍛え方』の良いところでもあります。

 

 

本物の勉強法を知りたいのなら、使える脳の鍛え方

 

 

まとめると、この本は非常に具体的で

客観的事実においてのみ、論拠が構成されています。

 

 

まさに

『本物の勉強法』

が書かれた本であると言えるでしょう。

 

 

僕は速読を推奨していますが、

この使える脳の鍛え方には、

それを超える勉強法が書いてありました。

 

 

どちらかというと、

速くたくさんの知識を身に付けるというより、

ひとつの知識を徹底的に自分の中に落とし込むという

『精読』に近いスキルだなと思いました。

 

 

この本は読むのに少し苦労しますが、

一回ちゃんと読んでしまえば

勉強法に困らなくなるのではないでしょうか。

 

 

・大学生

・キャリアアップを目指している

・資格試験の勉強をしている

・知識・教養を身につけたい

 

 

そんな人にオススメの本です。

 

 

ぜひ一度手に取って読んでみてください。

記憶に関する常識が一気に変わりますよ。

 

 

それでは、最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

500人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ


Qlook解析中♪

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter