小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

読書と瞑想のメリットと2つの意外な関係性とは?

瞑想 読書

読書と瞑想の意外な関係性を解説してみた

 

 

んにちは、篠原錬です。

 

 

『瞑想』という言葉は聞いたことある人が

ほとんどだと思いますが

 

 

じゃあ『瞑想の効果』を聞かれたとき、

答えられる人は恐らく1割もいないと思います。

 

 

瞑想をすることで色々な効果を得られるのですが、

まずはその効果に軽く触れた上で、

 

実は読書にも同じような効果があることがわかったので、

今回は読書と瞑想の関係について触れていきたいと思います。

 

 

この記事を読み終わる頃には、

あなたが瞑想をより身近に捉え、

 

できれば読書と瞑想を習慣化していただければと思っています。

 

 

それでは、ごゆっくりお読みください。

 

 

 

瞑想の効果とメリット

 

 

 

瞑想とは、仏教の修行僧が行っている

特殊な訓練のようなイメージだと思いますが

 

 

実は私たち一般人の誰もができる、

非常に取り組みやすいものなのです。

 

 

瞑想をすることで様々なメリットが受け取れますので、

そのメリットについて触れていきましょう。

 

 

 

・瞑想のメリット①:衝動をコントロールできる

 

 

 

これが最もメジャーで最も大きいメリットなのですが、

瞑想をすることで衝動をコントロールすることができます。

 

 

衝動とは、例えば性欲とか食欲とか睡眠欲とか

人間の三大欲求はもちろんのこと、

 

ビックリしたときの驚きを少なくすることができるし、

ちょっとしたことで動揺しなくなったりします。

 

 

例えば、あなたの目の前に大型のゴキブリが現れたとします。

 

そのゴキブリが自分の足を登ってきたとすると・・・

 

 

おそらく、ゴキブリ嫌いな人は

ほとんどがパニックになって慌てますよね。

 

 

しかし、瞑想をある程度習慣化している人は、

ゴキブリが突然現れても冷静に対処することができます。

 

 

実験で、お坊さんの前でいきなり爆発音を鳴らすというものがありましたが、そのときのお坊さんの心拍数は平常時とあまり変わらなかったそうです。

 

 

瞑想を極めると、ちょっとしたことで

パニックに陥らなくなり、冷静に対処することができます

 

 

 

・冷静に解決法がわかるようになる

 

 

 

また、瞑想をすることで

日常生活で何か問題が起きたとき、

冷静に解決法を探すことができます。

 

 

運が悪いと思ったり、災難に見舞われるときは

冷静に対処できていないときです。

 

 

焦って変なことをしてしまったり、

まったく検討違いのことをやってしまったり・・・。

 

冷静さを失うと、

小さな事が大きな災いを持ってくるようになるのです。

 

 

瞑想をすることで、どんなときでも

冷静に問題を解決することができる

 

より優れた選択を取ることができるでしょう。

 

 

 

瞑想のやり方

 

 

 

瞑想は、あるひとつのことに集中することから始まります。

 

 

最も手っ取り早く誰でもできるのは

『呼吸』 

に集中することです。

 

 

具体的なやり方としては、

胡坐をかいて座り、大きく深呼吸を繰り返します。

 

 

そのとき、色んな雑念が出てくると思います。

 

「今日の晩御飯はなににしようかなー」

「本当に瞑想って効果あるのかな」

「眠くなってきた」

 

などなど、色んな考えが浮かんできますが

 

それを全て消して、呼吸だけに集中していきます。

 

 

瞑想は、何かに集中することなので、

呼吸以外にも集中できるものがあったら

それをやることも瞑想に繋がっていきます。

 

 

 

 

瞑想と読書の関係

 

 

 

瞑想のやり方がわかったら、

ひとつ新しい発見が得られると思います。

 

 

実は、読書は非常に瞑想に近いことなんですね。

 

 

大量の文字を追いかけて読書をしていきますが、

その途中で色んな雑念に襲われると思います。

 

 

だんだんソワソワしてきて、

本の世界に集中できなくなる・・・

 

 

そういった雑念に支配されずに、

読書にとことん集中する

 

 

これは無意識のうちに瞑想と同じことをしているのです。

 

 

 

読書=瞑想+α

 

 

 

つまり、読書をすることで

瞑想と同じメリットを受け取ることができます。

 

 

また、瞑想は自分の心と向き合いますが

 

読書は色んな考え方・思考と向き合います。

 

 

つまり、

 

瞑想と同じメリットを受け取る

+

知識、考え方を磨く

 

 

瞑想の目的が『物事を冷静に捉える』

ことだとすれば、読書をするほうが効率が良いと考えます。

(読書のメリットについてはこちらの記事にまとめています)

 

 

瞑想に興味があるなら、

ぜひ読書をやってみてください。

 

 

読書と瞑想の意外な関係まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

 

読書と瞑想の意外な関係が見えたかと思います。

 

 

読書をすることで、

瞑想以上の効果が得られます。

 

 

いま、何かに悩んでいたり

モヤモヤした生活を送っているのなら

 

 

瞑想(=読書)をすることで

明るい世界が開けると思います。

 

 

非常にオススメですので、

ぜひ読書をやってみてください。

 

 

読書を習慣化したり、

より効率良く本を読む方法は

速読の方法でお話しています。

 

 

それでは、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

500人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ


Qlook解析中♪

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter