小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

楽読のための読書デザイン論

HappyNewYearFromPrague

楽しく読書をするために、本の扱い方をデザインしよう

 

あなたは、本をどのように扱っていますか?

 

 

部屋に乱雑に積み上げている人、

きちんと本棚に納めている人、

キレイに本を飾っている人

 

 

色んな人がいると思います。

 

 

僕は、どの扱い方が正解で

どの扱い方が間違っているという言い方はしません。

 

 

乱雑に積み上げるのも正解です。

 

 

好きなときに自分の好きな本をすぐに手に取れるし、

散らかっている本を見て内容を思い出すことができます。

 

 

また、本をキレイに飾っている人も正解です。

 

 

自分が手に入れた知識を整理している気分で、

なんだか高尚な知識を手に入れた気分になれますよね。

 

 

 

このように、本の扱い方は人それぞれでいいです。

何が正解で何が間違いだという言い方はしません。

 

 

ただ、

 

 

『自分に合ったデザインをできているか?』

 

 

これが非常に重要になってきます。

 

 

一人のフィクション小説の作者が好きで、

その人の本を全部読みたいと思っている人が

 

 

本をキレイに扱うことをせず、

乱雑に積み上げているのはダメだし

 

 

色んな本を濫読&速読し、

雑学をたくさん吸収したいという人が

 

 

わざわざ高いお金を払って本棚を設置するものどうかと思います。

 

 

このように、ある程度は自分にあった

デザインというものをやってもらいたいと思います。

 

 

ちなみに、僕は大量の本を濫読するので、

本を散らかしてしまうタイプです。

 

 

気になった本はすぐに買ってしまうので、

いつの間には家に知らない本が置いてあることもあります。

 

 

そういった本はすぐに手にとって、

漫画みたいに速読でサッと読んでしまうので

 

 

家に知らない本があるのも面白いものです。

 

 

本の扱い方はそのまま読書のデザインに繋がっていきます。

 

 

要は、楽しく本を読んでもらうのが楽読なので、

自分の周りの本の扱い方をデザインするのを心がけてください。

 

 

これから、デザインするときに

注意するべきことを3つほど挙げてみます。

 

 

 

本の管理はできているか?

 

 

あなたの読書スタイルに合わせて、

本の管理ができていますか?

 

 

大小様々な本を買っているのに、

ひとつの本棚に無理やりおさめようとしていませんか?

 

 

本が凸凹の階段のようになっていて、

読むときに手を切ってしまうような状態になっていませんか?

 

 

本の置き方、管理の仕方は人によって違いますが、

やっぱり自分に合った管理方法をやってみてください。

 

 

読む本のテーマが滅茶苦茶になっていませんか?

 

 

僕は速読を習得した人には『乱読』をオススメしていますが、

基本的にはひとつのテーマを読むことをオススメしています。

 

 

昨日は恋愛の本を読んだのに、

今日は工学の本を読む・・・

 

 

あまり、関連性がないテーマなので

関連した知識が入ってきにくいと思います。

 

 

楽に読書をしたいと思うなら、

テーマを絞って読書をしてみてください。

 

 

小説なら小説を徹底的に読んでみる、

恋愛学なら恋愛を徹底的に読んでみる、

歴史なら歴史の本を・・・

 

 

というように、ひとつのテーマに絞って本を読むことで

同じような知識に引っかかることがなくなり、

本をスラスラと読むことができます。

 

 

これについては精読編でも言及しているので読んでみてください。

 

 

読書をする環境は適切か?

 

 

読書をする環境は、快適ですか?

 

 

これについては読書環境論でもお話していますが、

環境は読書効率を大きく左右する要因になります。

 

 

ぜひ、あなたが一番快適で

集中できる環境で読書をしてみてください。

 

 

 

楽読のための読書デザインまとめ

 

 

以上、楽読のための読書デザイン論でした。

 

 

今回僕が挙げた3つは、あくまで一例です。

 

 

人によって、読書のデザインが変わってくるのです。

 

 

ただ本を選ぶだけでなく、

その本に合った最適な空間をデザインすることで

 

 

楽しく読書できるかどうかは決まってしまいます。

 

 

ぜひ、ここは時間をかけてやってみてください。

読書が楽しくて仕方なくなるはずです。

 

 

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

500人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ


Qlook解析中♪

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter