小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

9000冊の本を暗記する!?サヴァン症候群の驚異的な能力と習得方法

サヴァン症候群 絵

んにちは、篠原錬です。

 

 

日頃から『読書術』を発信している僕にとって、

サヴァン症候群を初めて知ったときの衝撃は大きかったです。

 

 

一応、速読という分野においては

サヴァン症候群に匹敵する能力を持っていると

言われたこともあるので、

今回は僕なりにサヴァンについてまとめた記事を書きたいと思います。

 

 

サヴァン症候群とは?

 

 

一応、知らない人のために丁寧に説明しておくと

サヴァン症候群とは、『イディオ・サヴァン(白痴の天才)

という言葉から来ています。

 

 

この症状が発見されたのは1887年、

日本が明治時代で国際化に向かおうとしている時代のことです。

 

 

発見者は、イギリスの眼科医であるJ・ラングドン・ダウン博士です。

 

 

発見者はなんと眼科医だったんですね。

脳科学の研究はこのときまだほとんど進んでいなかったので、

最も脳に近い部位を研究している人が発明したのは納得できます。

 

 

この点において留意してもらいたいのが、

彼は『ダウン症』を命名した博士であるということです。

 

 

サヴァン症候群はもともと、『イディオ・サヴァン(白痴の天才)』

と呼ばれていて、idiot(白痴)という言葉が差別的なものだとして、

サヴァン症候群と呼ばれるようになりました。

 

 

つまり、サヴァン症候群はある種

『病的な』能力であるということです。

 

 

サヴァン症候群の症状とは?

 

 

多くの人が間違えがちなのが、

サヴァン症候群は何も『記憶』に関する

能力だけではないということです。

 

 

その天才的な能力は記憶だけに留まらず、

音楽的なものや絵画に表れたりします。

 

 

人間として未熟すぎる時期からピアノを弾けたり、

幻想的な絵を書けたり、本を何千冊も暗記できたりします。

 

 

彼らは特別優れた才能があるように見えて、

一方で脳に何らかの障害を患っています。

 

 

はっきりとわかっているのは、自閉症患者の10人に1人、

もしくは知的障害者の2000人に1人がサヴァン症候群を発症しています。

 

 

サヴァン症候群患者の半数が自閉症であることにも注目です。

 

 

彼らの超人的な能力を見ると、

『この能力が欲しい』と思いますが、

一方で何らかの障害を抱えているのです。

 

 

彼らが見ている世界は僕らと違うのかもしれませんね。

(こういうと差別的な表現になってしまいますが)

 

 

 

サヴァン症候群の驚異的な能力

 

 

ここで、サヴァン症候群の人がどのような能力を

持っているのか、代表的な例を挙げてみましょう。

 

 

・キム・ピーク:9000冊の本を読んだ男

 

 

ピークは、世界で最も有名なサヴァン症候群の人です。

 

 

主にその能力は『記憶力』という部分で開花し、

なんと小さい頃から読み続けた方法は9000冊にも及ぶそうです。

 

 

しかも、それらの本の内容を全て覚えているそう。

 

 

それだけ多くのデータがあれば、

どんな質問にでも答えられそうですね。

 

 

彼が持っている能力と似たようなスキルとして、

『速読』『精読』が挙げられます。

 

 

僕のメルマガのほうで紹介しているので、

もしよかったらご覧になってください。

⇒篠原錬の公式メルマガ

 

 

何冊もの本の内容を一字一句間違えずに答えられる・・・

そんな素晴らしい能力を習得してみたいですね。

 

 

・トム・ウィギンス:耳コピの天才

 

 

昔の人物になりますが、彼は盲目に生まれ、

『聴覚』が異常に発達していたそうです。

 

 

逸話によると、4歳のときに父親が弾いた

モーツァルトの曲を完璧に再現して弾いてみせたそうです。

 

 

モーツァルトは天才として名高く、

5歳のときに作曲を行っていて、

1度に2つの曲を聴いて再現できるような鬼才です。

 

 

そんなモーツァルトと同じようなことを、

トム・ウィギンスはやっています。

 

 

また、楽器の演奏だけでなく、

あらゆる動物の鳴き声を完璧に再現できたり

 

 

後ろ向きでピアノを弾いたり、右手と左手で

別の曲を弾き、歌うことができたそうです。

 

 

もはや人間業ではない、コンピュータでも難しいことをやってのけています。

 

 

・トミー・マクヒュー:後天的なサヴァン

 

 

そして非常に稀なケースですが、

事故に遭ってサヴァンの能力が開花した人間がいます。

 

 

トミー・マクヒューは重度の麻薬中毒で、

51歳のときに脳出血で倒れています。

 

 

その後何時間にも及ぶ危険な手術を受け、生還しました。

しかし、その後『サヴァンの能力』が完全に開花、

 

 

ひたすら詩を書き続けるという異常な行動をするようになりました。

 

 

“書いても書いても止まらない。ドラッグみたいだ”

と彼は表現していて、彼の詩には

そのときの気持ちが映し出されているそうです。

 

 

また、詩にぶつけていた衝動は別の部分にも転嫁し、

その後マクヒューは睡眠以外のすべての時間を

『絵描き』に費やすようになり

 

 

1日19時間も絵を描き続けるという奇行を続けています。

壁・床・天井など、ありとあらゆるところに絵を描き続け、

そのときの心情を”永遠に続く、果てしない回廊”と表現しています。

 

 

 

サヴァン症候群の能力について考察

 

 

僕はある程度、このサヴァン症候群に関する本を読んできて

そのとき思ったのですが、

 

 

このような超人的な能力は、

先天的に持って生まれたものではなく、

生まれた後に開花されるものではないかと思いました。

 

 

開花という表現を使ったのは、

もともとどの人間にも能力の種が入っていると思ったからです。

 

 

なぜなら、トミー・マクヒューのように、

後天的にサヴァン症候群を患った人がいるからで

 

 

もともと人間が持っている能力が開花したという

表現が正しいのではないかと思いました。

 

 

私達人間は、脳の秘められた可能性に気付いておらず

常にブレーキがかかっている状態です。

 

 

なぜなら、すべての人間がブレーキを解除してしまったら

マクヒューのように『枠に収まる』ことができなくなるからです。

 

 

正常な人間は、枠に収まることができているから正常なのであり、

彼らからしたら私達が『異常』で

 

 

『人ならざる者』、すなわち『サヴァン』は、

人間の本来の力を手に入れた人達だと思うのです。

 

 

そういった意味では、彼らのほうが

より人間的な魅力を持っているのかもしれません。

 

 

人間は自然界から離れたせいで、

普通の動物が持っているシックス・センス的な能力を失ってきました。

 

 

彼らは、その能力を人間の生活をしながら

取り戻しただけなのかもしれません。

 

 

彼らが見ている世界がどのようなものなのか、

がぜん興味がわいてきました。

 

 

サヴァン症候群は一体、どのような世界が広がっているのかは、

彼らの作品から読み取るしかなさそうですが。

 

 

 

サヴァン症候群になる原因とは?

 

 

さて、もう少し突き詰めた話をしていきましょう。

 

 

上記までの話を聞いて、『サヴァンになりたいなー』

と思った人がいるかと思いますが、

僕も強くそう思います。

 

 

できることなら、ハードディスクのように情報を

記憶できるような能力を手に入れたいし、

 

 

一度聴いただけで曲を模倣できるようになりたい。

 

 

だから、サヴァン症候群になってしまう原因を調べようと思いました。

 

 

・原因はわかっていない

 

 

しかし、サヴァン症候群になってしまう原因は

いまだ解明されていません。

 

 

そもそも、発見されたのが1880年の話で、

脳という未知の領域なのでわからないのも当然です。

 

 

サヴァン症候群の患者に『どういった情報処理をしているのか』

という問いをしても、ほとんどの患者がまったく答えない、

もしくは答えられないということが理由です。

 

 

前提として、サヴァン症候群は発達障害の人がほとんどなので

その点が解明を難しくしている原因かもしれません。

 

 

 

・ブレーキが壊れている

 

 

さきほど、トム・ピークという人物を紹介しましたが、

彼は記憶を司る小脳に障害があり、

“脳染”という部分に欠陥が見つかっています。

 

 

自然界、とりわけ人間は『必要な情報』だけを記憶していればいいため、

脳には情報をとりわけるフィルターのようなものがあります。

 

 

この情報は必要、この情報は不必要・・・

 

というように、余計な情報を取らないようにしているのです。

 

 

しかし、トム・ピークはこのフィルターがうまく作動しないため、

どんな情報でも瞬時に記憶できているのではないかと推測できます。

 

 

どんなことでも覚えてしまう。

これが一体どのような苦痛をもたらしてしまうのか

少し想像してしまいます。

 

 

人間は『覚える』ことより『忘れる』ことのほうが苦手です。

 

 

トラウマや嫌なこともすべて覚えてしまうと考えると、

あまり享受したくない能力であるとも言えますね。

 

 

 

考察:サヴァン症候群は習得できるのか?

 

 

おそらく、サヴァン症候群について調べる人が一番知りたいのは

・サヴァン症候群は習得できるのか?

という部分だと思います。

 

 

この能力を手に入れることができたら、

学問的にも芸術的にも大きく活躍することができますしね。

 

 

僕も欲しい能力だとは思っています。

 

 

しかし、原因がわかっていない以上、

安全にサヴァン症候群の能力を開花することは難しいと言えるでしょう。

 

 

わかっていることと言えば、

『脳に強い衝撃を与える』

ことで能力が開花するということです。

 

 

ジェイソン・バジェットというサヴァンの人は、

31歳のときに強盗に襲われ、頭部を強打しています。

 

 

彼は重度の脳震盪から生還したあと、

フラクタル図形と呼ばれる図形が見えるようになったそうです。

 

 

このように、死の淵から生き返った人が

超人的な能力を開花することがよくあります。

 

 

シドニー大学のアラン・スナイダー氏は

『サヴァン症候群のような特異な才能は、あらゆる人間が潜在的に持っている能力であり、脳に一定の電気ショックを与えることでその潜在能力を解き放つことができる』

と言っています。

 

 

金色のガッシュベルという少年漫画で、

中学生の男の子が死の淵から生き返り

『アンサー・トーカー』

という能力が開花しましたが、

その話もサヴァンから来ているのでしょう。

 

 

いずれにせよ、何かしらの代償を払わなければ

習得するのが難しい能力であると言えます。

 

 

 

サヴァン症候群に似たような能力を習得することは可能?

 

 

いま、進められている研究では

『すべての人間がサヴァンの能力を手に入れること』

を目標としています。

 

 

しかし、実際、全人類がサヴァンの能力を習得することは不可能で、

サヴァンは『あるひとつの分野で特化する』ことしかできないのです。

 

 

天才的な脳を手に入れても、

会話に障害が入ってしまったり、

記憶力と表現力を同時に得ることは難しかったり

 

 

自分の都合の良いように能力を活用することはできないのです。

 

 

だから、サヴァン症候群の能力を習得するという考え方ではなく

『サヴァン症候群の能力を”借りる”』

というアプローチをしてみるとどうでしょう。

 

 

常にサヴァンである必要はなく、

必要に応じてブレーキをはずし、超人的な能力を借りるのです。

 

 

これは、俗に言う『火事場の馬鹿力』と呼ばれているもので

 

 

・ヨボヨボのおばあちゃんが冷蔵庫を持ち上げる

・死ぬ瞬間に走馬灯が流れる

・猛獣に襲われたときにあり得ない速度で走った

 

 

など、世界中で色んな事例が報告されています。

 

 

もし、この火事場の馬鹿力を自分に都合よく引っ張ることができたら、

都合が良いと思いませんか?

 

 

僕は読書法について色々なものを紹介してきましたが、

冒頭でもお話したとおり、読書においては

『サヴァン』にも匹敵する能力を持っています。

 

 

1日数十冊もの本を読むことができるし、

それらを記憶することができるのです。

 

 

さすがに一字一句間違えずに覚えるのはできませんが、

内容をほとんど理解することはできます。

 

 

それはもともと持っていた能力ではなく、

訓練で習得したものです。

 

 

ちゃんと理論に基づいた、

正しい速読の訓練法です。

 

 

今回、ここまで記事を読んでくれたあなたに、

特別にその『訓練方法』をお教えします。

 

 

下記から受け取ってください。

 

⇒サヴァン症候群の能力を習得する

 

 

予告なく削除する場合がありますので、

早めに受け取っておくことをオススメします。

 

 

 

サヴァン症候群・まとめ

 

 

いかがでしたか??

 

 

サヴァン症候群は、これから脳科学が進歩していくにつれて

謎がどんどん解明されていくと思います。

 

 

僕は、サヴァン症候群は『人間が見なくなってしまった世界』

を見ることができる能力だと思っています。

 

 

彼らには、僕らが普段見えている世界が見えていなくて、

僕らに見えていない世界が見えています。

 

 

いったいどういう世界なのか気になります。

 

 

彼らは僕らよりはるかに本当の世界を見つめているし、

人間として当たり前の能力を持っているのかもしれません。

 

 

その世界を見るために、

サヴァンの能力を習得するために

 

 

これからサヴァン症候群が解明されるのを願うばかりですね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

⇒篠原錬の公式メルマガはこちら

 

 

 

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

500人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ


Qlook解析中♪

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter