小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

【書評】シリコンバレー式-自分を変える最強の食事を実践し、健康になる方法【レビュー】

2016.05.18

5件

シリコンバレー式 画像

シリコンバレー式-自分を変える最強の食事を実践する方法

 

んにちは、篠原錬です。

 

 

シリコンバレー式-自分を変える最強の食事

を読みました。

 

 

『食事を変えるだけで自分を変えられたら苦労しないわー』

と思いながら手に取ってみると、

意外としっかりした内容で驚いてます。

 

 

確かに、食事を変えるだけで自分を変えるための

理論を事細かに書いているし、

実際の食事の内容も書いてあるので

 

 

しっかりと実践すれば本当に自分を変えることができそうです。

 

 

非常にレベルの高い本で、心からオススメしたいのですが

残念ながら今回は『★★★★☆』の評価を付けたいと思います。

 

 

なぜ星4つなのかというところと、

この本の欠点を書いていくので

 

買おうかどうか迷っている人は参考にしてみてください。

  

 

 

非常に参考になる食事理論

 

 

まず、この本ですが

非常に細かい内容まで書かれています。

 

 

実際の成分名が出され、

その成分が含まれた食事を摂取すると

どういう効果があるか?

 

 

というところまで言及されているので

しっかりとした理論から学びたい人にはオススメです。

 

 

特に、シリコンバレー式-自分を変える最強の食事

のメインテーマは『食事』と『眠り』にあるように思えます。

 

 

ダイエット方法なども書いてありましたが、

僕は太っていないので割愛します。

 

 

要は、食事の内容に気をつけることで

睡眠の質を上げていき、パフォーマンスを高める

といった内容が書いてあります。

 

 

最近、睡眠リズムにバラつきがあった僕にとっては

非常に有効な内容に感じられました。

 

 

また、シリコンバレー式-自分を変える最強の食事

で特に良いと思ったのは

 

 

『自分の身体と向き合うことの大切さ』

です。

 

 

食事って、自分の好みと健康への配慮との

擦り合わせだと思っているのですが

 

 

シリコンバレー式-自分を変える最強の食事

を読んでから、食事に対する自分の身体への

配慮の割合がずいぶん多くなりました。

 

 

おかげさまで、食事に対する意識が成長し、

最近は非常に調子がいいです。

 

 

 

行動できない人にこそオススメ

 

 

こういった健康に関する本ってたくさんあるのですが、

『ツボ』とか『誰でもできる○○ダイエット法』とか

『気の力を利用して健康に!』

 

 

などといった

本を買うより、こういう理論に基づいた本を買うほうが100倍タメになります

 

 

なぜなら『健康に対する考え方』が身に付くわけです。

 

 

先日、面白いツイートを発見して

引用すると

 

 


 

まさにこういうことです。

 

 

本を買うときに、『楽に痩せられる!』とか

『これを食べればOK!』みたいな本がよくありますが

 

 

そういうのを買うという行為自体が甘えです。

 

 

不健康な人というのは、

健康に対する考え方が甘いということであり

 

 

つまり、デブの人というのは

自分の身体をしっかりと考えていない

甘えた人間だということです。

 

 

アメリカだと、太っている人は出世できませんよね。

 

 

そういった意味で、

大切なのは『健康に対する考え方』そのものです。

 

 

その考え方さえ磨いてしまえば、

変な商品に騙されることもないし

一生健康で居続けることができます。

 

 

シリコンバレー式-自分を変える最強の食事

は、こういったものを食べるといいよー

ということが書いてありますが、

 

 

なによりも

『自分で食べるものを選ぶ能力』

が磨かれるので、必然的に健康的な食事を取れるようになります。

 

 

 

シリコンバレー式-自分を変える最強の食事の欠点

 

 

ただ、この本の欠点を挙げるとすると

 

『シリコンバレー式』

 

だったということです。

 

 

ようは、アメリカの食事を中心に考えられている本であり、

日本人の私たちにとってはあまり参考にならない

点が少しあるなと感じました。

 

 

考え方が身に付くところは良いのですが、

具体性を挙げるときにアメリカの食事を

例に出されるので、少し理解が追いつかなかったりします。

 

 

また、理論の中に少し間違いが入っていて、

学会では結論が出ていない論もあったりするので

この本に書かれているすべてを鵜呑みにするのはやめましょう。

 

 

 

シリコンバレー式-自分を変える最強の食事を100倍活用する方法

 

 

シリコンバレー式-自分を変える最強の食事

を活用するためには、具体事例や

取るべき食事に目を向けるのではなく

 

 

『食事に対する考え方』

を根本から変えていくようにしましょう。

 

 

一度身につけたリテラシーを持ってしまえば、

どんな状況でも健康的でいられます。

 

 

自分の食事を100%コントロールするのはしんどいし、

食べたいものは食べたいのが人間です。

 

 

ただ、その欲望を暴走させるのではなく、

正しい食事を選ぶ力を身に付けることで

 

 

食べたいものの中でも、

より健康的なものを選べるのではないでしょうか。

 

 

そういった面で、このシリコンバレー式-自分を変える最強の食事は、

自分をレベルアップさせてくれる非常に素晴らしい本だと思います。

 

 

以上、シリコンバレー式-自分を変える最強の食事のレビューでした。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

P.R.5000人以上が学んだ速読術


僕は小さい頃から本を読んできませんでした。


 

そのせいでコンプレックスを抱えたり、
仕事ができなかったり、
コミュニケーションに難ががあったのです。


 

そんな僕が、速読法に出会って
読書をするようになってから、
あっさりと成功することができました。


 

いまは経営者として活動したり、
セミナーにゲストに呼ばれて講演をしたり、
教養人と一緒に仕事をしたりしています


 

その経験から、才能に恵まれなかったとしても
本を読んで知的好奇心のままに過ごせば
誰でも自分を変えられると信じています。


   

そして、読書家が少しでも増えれば、
一人一人の知識の総量は増え、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。


 

その理念から、僕がどのように速読に取り組み、
ゼロからスキルを磨いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。


 

電子書籍は、これまで5000人以上が読んできました
この書籍に出会って成功した人も大勢います。


 

難しい言葉は極力使わずに、
20分程度でサクッと読める内容に仕上げています。
もし興味があれば読んでみてください。


 

「成功を掴む読書法」を読んでみる


 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

5000人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter