小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

速読のルーツと歴史、目的とこれから

YOSX9805_TP_V

の記事では、

なぜ『速読』というものが存在して

 

 

私たちはなんのために速読を習得し、

どういう目的で速読を使用していけばいいのか

いま一度、確認していきたいと思います。

 

 

なぜこういう作業が必要なのかというと、

 

 

速読の本来の存在意義と開発された目的を

知ることで、より深く学ぶことができると思うからです。

 

 

このブログに書かれている速読術を

マスターすることができれば、

もう速読は達人の領域まで習得することができます。

 

 

極端な話、知識を蓄えていけば

どんな物事でもうまくいきます。

 

 

学歴だって上げることができるし、

資格を習得して好きな仕事に就くことができるし

ビジネスに応用すれば収入もアップするでしょう。

 

 

実際、私も速読を習得してから、

ビジネス学に関する本を読み漁り

 

 

また、文章も勉強することで

『スモールビジネス』をスタートさせ、

中小企業の経営者並の収入を得ることに成功しました。

 

 

それほど、速読というスキルは応用することで

大きく人生を変えることができます。

 

 

ここでしっかりと、速読の本来の目的を再確認し

より完璧に近い速読を習得していってください。

 

 

 

 

速読が生まれた理由

 

 

速読という言葉の定義は、

ここ20年~30年の間でずいぶん浸透してきて、

馴染み深くなったのは最近です。

 

 

浸透した理由は、1980年代にブームが起こり、

韓国人がテレビに出演したのが火種になったそうです。

 

 

1分間に10万文字読めるとか、

1冊を1分で読めるとか

 

 

普通の人間にはあり得ない能力を強調したため、

『眉唾物』

として認知されてしまいました。

 

 

実際、このPRSを受け取るまでは

“速読術なんて怪しい”

と思っていた人も多いかと思います。

 

 

そして、実際に眉唾物の速読術を教える

団体や組織が続々と出てきました。

 

 

中には、宗教のような教え方をして

まったく速読を習得させず、

お金だけを巻き上げるような連中もいます。

 

 

そういった連中のせいで、

どんどん速読に対するイメージが悪化しています。

 

 

私も

『速読を教えている』

というと、よく眉をひそめられたものです。

 

 

ただ、それでもいいんです。

 

 

本当に使える速読術というものは実際に存在していて、

その速読術を使って人生を有利に進めている人物は

表に出てこないだけで、実はたくさん存在します。

 

 

1分で10万文字とかは流石に無理だけど、

1日で数十冊もの本を読むのはなんら可能です。

 

 

知識を大量に仕入れて、

それで物事を有利に運ぶ人は実際にいるのです。

 

 

つまりあなたは、誰も知らない速読術を運よく手に入れているのです。

これから凄いことを学ぼうとしています。

 

 

私たち日本人は、

脳に欠陥を抱え、天才的な能力を発揮する人間は信じるのに、

訓練で開発した能力は信用しません。

 

 

甚だおかしい常識です。

 

 

こういった日本人の悪い常識に囚われる必要はなく、

あなたには正しい常識を持ってもらいたいと思っています。

 

 

『速読は訓練で習得できる』

 

 

ということをしっかりとわかっていれば、

変なブロックに邪魔されることはありません。

 

 

ぜひ、がんばって習得していきましょう。

 

 

 

私たちが速読を使う理由

 

 

さて、話が逸れないうちに戻りますが

 

 

速読は、極めて日本人向けのスキルであると言えます。

 

 

なぜかというと、

私たちは慢性的に時間が不足しているからです。

 

 

基本的に、日本人はサラリーマンや主婦がほとんで

 

 

朝昼晩と、満足に使える時間はかなり少ないです。

 

 

自由に生活しているフリーランスや

お金持ちなら話は別ですが、

 

 

基本的には慢性的に時間が足りていないです。

 

 

その中で、仕事をうまくいかせるためには

『知識』を蓄える必要があります。

 

 

頭を使って仕事をする人にとって、

知識は武器になり得るからです。

 

 

この知識という武器をどれほど揃えられるかで、

仕事の成果は決まるといっても過言ではないでしょう。

 

 

より多くの武器を揃えた人が勝つし、

それだけ収入も伸びていきます。

 

 

ただ、重要な知識を蓄えるためには、

豊富な読書時間というものが必要になってきます。

 

 

私たちは、知識を蓄える手段として

『読書』を選択しなければなりません。

 

 

スマートフォンでニュースアプリを見たり、

雑誌を読んだりしてもいいのですが

 

 

やはり、それらの情報は薄く、

より濃い情報を手に入れるためには本を読む必要があります。

 

 

読書の時間が足りない・・・

 

 

ただ、本を読むのは大変です。

 

 

慢性的に時間が足りない私たちにとって、

本を読む2~3時間は非常に貴重な時間になります。

 

 

ほとんどの人が、

自由に使える時間は1日の中に3~4時間程度でしょう。

 

 

その中で色々なことをやらなければなりません。

 

 

当然、本を読んでいる余裕なんてないのです。

 

 

知識を蓄えなければいけないのはわかっているけど

1冊の本を読むのに2~3時間もの時間がかかるし、

本を読む時間なんて皆無に等しい

 

 

 

そのような絶望的な状況のときに、

日本人の悩みを吹き飛ばす手段として

『速読』というものが台頭してきました。

 

 

短い時間で数冊もの本を読む

 

 

私はまだ生まれていませんが、

当時の日本人は救われる気がしたでしょう。

 

 

『これで、知識を蓄えることができる』

『これで、読みたかった本を読むことができる』

 

 

そう思って、多くの人が速読に手を出した筈です。

 

 

実際、効果のある速読術を習得できた人もいて、

その能力をフルに活用できた人が

これまでの日本を支えてくれたと思います。

 

 

誰でも習得できる速読術を

 

しかし、速読術は

『才能に左右されるもの』

として認知されるようになってきました。

 

 

サヴァン症候群のような病気も有名になり、

元から才能のある人間が驚異的な能力を発揮してきました。

 

 

ポテンシャルによって、

速読を習得できるかできないか決まるのではないかと

変な意識が植え付けられてしまったのです。

 

 

 

速読は、才能のある人しか習得できない・・・

 

 

この常識を打破すべく、

生まれたのがこの『サヴァン速読術』です。

(⇒こちらから学べます)

 

 

 

篠原錬が開発したスキルではない

 

 

まず、先に断っておくと

 

 

サヴァン速読術は、僕が開発したスキルではありません。

 

 

私が出会った速読術の達人から教わったスキルです。

 

 

私は、私の師匠から受け継いだ

速読術しか教えることができません。

 

 

しかし、このサヴァン速読術は、

私が習得しているいまのレベルより

もっと驚異的な可能性を秘めていると思っています。

 

 

この速読術のルーツは不明ですが、

どこかの凡人が開発したことは確かです。

 

 

開発者は、おそらく天才ではありませんでした。

 

 

極めて凡人に近い能力を持ち、

その中で苦労のすえこの読書法を開発したと思うのです。

 

 

そのときのその人のビジョンもパッションも

私は知る由もありませんが

 

 

少なくとも、数人の人生を変えてくれたことは事実です。

 

 

その開発者が、私や私の師匠、

そしてこの速読術を学ぼうとしているあなたの

人生を変えようとしているのは確かです。

 

 

私は、この速読術を学ぶとき

畏敬の念を抱いていました。

 

 

感謝しながら学んでいました。

 

 

ぜひ、あなたもこの速読術を訓練できることを

誇りに思って勉強を進めていってください。

 

 

この速読術を使って何をするのか、

それはあなたの自由です。

 

 

自分の夢を叶えるために使ってもよし、

読書をよりたくさん楽しむために使ってもいいです。

 

 

このスキルを学ぶ以上は、

せっかくなのでぜひこの能力をフル活用して

 

 

普通の人ができないようなことをやってください。

 

 

 

 

あなたは、ほんの数%の

『速読の達人』

になることができます。

 

 

がんばっていきましょう。

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

500人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ


Qlook解析中♪

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter