小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

右脳派か左脳派か診断!得意な脳の長所を伸ばす方法

2016.06.04

1件

flower2631

あなたは右脳派?左脳派?テストで診断してみよう

 

 

んにちは、篠原錬です。

 

 

人間の脳には『右脳』と『左脳』があるのは

周知の事実だと思いますが

 

 

実は、人はそれぞれ右脳と左脳で

それぞれ得意とする部分が違うんです。

 

 

右脳を使うのが得意な人もいれば、

左脳を使うのが得意な人もいる。

 

 

あなたはどっちなのでしょうか?

 

 

実際に診断をやってみましょう。

 

 

右脳・左脳診断

 

右脳・左脳適正診断

 

 

ちなみに僕の診断結果はこんな感じでした。

 

 右脳・左脳診断

 

 

左脳寄りで、抽象的という結果です。

 

 

結果が出たら、左脳派と右脳派の特徴を

勉強してみましょう。

 

 

右脳派の特徴

 

 

右脳は、クリエイティヴな脳であり

『芸術脳』とも呼ばれています。

 

 

喜怒哀楽などの感情表現や感性、

イメージ、五感、空間認知などを得意としています。

 

 

右脳を中心的に使う人は、

人の感情に注目し、その上で自分の感情にも従って判断を下すので、

ときに感情的になってしまい正しい判断を下せなくなる場合もあります。

 

 

ただ、スポーツなどで閃きをもたらしたり、

直感的に行動したりするのは右脳の働きなので

一概に悪いとは言えないでしょう。

 

 

とっさの判断が要求されるところで、

いちいち理屈っぽく判断することが

必ず良い状況をもたらすとは限りません。

 

 

右脳を鍛えることで、

より情緒的で面白い人生を送ることができると思います。

 

 

 

左脳派の特徴

 

 

左脳派の人は、論理的に物事を判断するのが得意なので、

冷静に物事を判断することができます。

 

 

ただ、感情論を無視する場合があるので

仲間との対立も起こりやすく、

その結果マイナスに働くこともあるようです。

 

 

ドラマや映画などを見ても、

少し冷めた目線で見てしまうのも左脳派の特徴です。

 

 

すべてを論理的に判断するような、

極端な左脳派の人生はあまり面白くなさそうなので

バランスが大切そうですね。

 

 

ただ、いまの日本において左脳派の人は少数だと言われています。

 

 

だから仕事において左脳派の人が

重宝されるのにも納得いきますね。

 

 

冷静にズバズバと判断を下せる人は、

それだけで優秀だということです。

 

 

また、左脳派の人は計算問題を解いたり、

論理的な文章を読むことが得意です。

 

 

情報を処理する能力が高いので、

本をあっという間に読んでしまうのも左脳派の特徴です

(速読の方法はここにまとめてます)

 

 

 

自分の得意な脳を理解して、伸ばそう

 右脳  

 

自分が右脳派か左脳派がわかったら、

その特徴を理解することが重要です。

 

 

また、特徴を理解したら

その脳の得意な部分を伸ばしていきましょう。

 

 

得意な部分を伸ばすのに最も効率の良い方法は

『読書』

です。

 

 

本を読めば、大量の情報をシャワーのように浴びるので、

情報をたくさんインプットすることができます。

 

 

そのとき、

脳は超高速で回転している状態であり、

さらに言ってしまえば『速読』を利用することで、

とんでもないスピードで成長することができます。

 

 

速読は、本を通常の4~5倍で読む方法です。

 

 

その速さで本を読むと、

脳が最高速度の数倍の速さで回転することになり

 

そのときかかる負荷は大きなものになります。

 

 

脳を鍛える作業を筋肉トレーニングに例えると、

普通の人が腕立てをしている中で、

 

速読を利用して読書をすればバーベルを

何回も上げたり下げたりしている状態です。

 

 

当然、それだけメキメキと脳が成長することになります。

 

 

右脳は小説、左脳は専門書

 1451144834yaobv

 

また、読む本のジャンルも右脳派と左脳派で使い分けましょう。

 

 

右脳派は、小説を大量に読んでみるといいです。

 

 

小説はイメージ力を要するため、

想像力を鍛えることができます。

 

 

想像力は右脳の役割なので、

小説を何冊も読むことで右脳がメキメキに鍛えられていきます。

 

 

数冊読むだけでも、右脳のメリットを

たくさん受け取ることができるでしょう。

 

 

 

また、左脳派の人は専門書をたくさん読むようにしましょう。

 

 

読む本は自分が興味を持ったジャンルでもいいです。

 

 

医学・物理学・生物学・ビジネス・経営・経済・・・

 

色々あると思いますが、

できるだけ『理論』に基づいた本を読みましょう。

 

 

分厚い本でも、速読を利用すれば

1時間程度で読めてしまえます。

 

 

そしてその分、左脳がバキバキに鍛えられていきます。

 

 

左脳を鍛えることができれば、

色んな物事を論理的に判断することができるので、

失敗することが圧倒的に少なくなります。

 

 

右脳の人は左脳を、左脳の人は右脳を鍛えよう

 

 

また、右脳派の人は左脳を、

左脳派の人は右脳を鍛えるようにしてみましょう。

 

 

右脳、左脳、両方とも鍛えることで大きなメリットを受け取れます。

 

 

感情的な人は、

左脳を鍛えることで冷静に判断する論理的な思考を手に入れられるし

 

 

理屈っぽい人は、右脳を鍛えることで情緒豊かな人間になれます。

 

 

両方とも鍛えるに越したことはないので、

ぜひ両方ともトレーニングしてみてください。

 

 

ちなみに、読書は両方の脳を鍛えるのに

最も適した方法です。

 

 

効率良く本を読む方法はこちらでも

まとめているので、興味があればぜひ一読してみてください。

 

 

右脳・左脳の特性を知り、

自分が得意とする利き脳を知り、

ぜひ自分の脳をレベルアップさせていってください。

 

 

以上、右脳・左脳診断とその特性でした。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

500人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ


Qlook解析中♪

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter