小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

『あなたを殺す成功法則「プラス思考の罠」』 を読んで自分の理想と状況を整理しよう

S__9502724

 

こんにちは、篠原です。

 

今日は、『あなたを殺す成功法則「プラス思考の罠」』
という少しタイトルは怖いですが、
頑張りたくても頑張れないときに
おすすめの本を見つけたので、
紹介したいと思います。

 

だれでもみんな
仕事や勉強、プライベートで
がんばって成功したいし、
うまくやりたい…

 

だから成功するために
みんな何をやっているのか、
どうすればうまくやれるのか、
人に聞いたり、本を読んだりして、
知ろうとすると思います。

 

成功するための本や考え方には、
ポジティブな心でいよう、とか
前向きな心を持とう、なんていうものが
多いと思うんです。

 

でも本当に、毎日プラスの気持ちだけで
いられるでしょうか。
マイナスの気持ちを持ったら、
うまくいかないんでしょうか。

 

いろんな自己啓発本を読んでいるのに、
なんだかうまくいかない人、
うまく実践できない人は
この本で新しい考え方が見つかるかもしれません。

 

また今は大変で、
とてもプラスの気持ちになんてなれない
という人には、
落ち着いて今の状況を考えられる
一冊になるかもしれません。

 

 

 

 

 

『あなたを殺す成功法則「プラス思考の罠」』を書いたKeiichiさんについて

 

『あなたを殺す成功法則「プラス思考の罠」』
を書いたKeiichiさんは、
個人的にマーケティングや
セールスの仕事などをしている人です。

 

現在は精神的にも経済的にも
ゆとりのある生活をされているKeiichiさんですが、

 

30代で脱サラして始めたコンビニ経営は
競合店の進出で売り上げが激変し、
40歳に負債を抱えて廃業し失業。

 

人生の立て直し方がわからずに、
生きている意味を失ったといいます。

 

しかし、そこから年間300冊以上の本を読み、
コーチングや脳科学、行動科学など
様々な分野を独学で学び、

 

「意識と感情のフォーカスで、
自分にとっての現実が創られている」
というシンプルな結論に至りました。

 

自身の苦い経験を活かし、
自分の強みを見つけられない人、
自分に自信が持てない人をサポートする
ことを人生の志とし、

 

ブログなどでも情報を発信されています。

 

シンプルでわかりやすい、
Keiichiさんの考えに
一度触れてみませんか。

anatawokorosu

 

「プラス思考」と「マイナス思考」

 

この本を読むなかで、一番大事で、
今後も参考にしたいと思ったのが、

 

「自分の心の状態を基準に考える」

 

ということです。

 

そもそも「プラス思考」「マイナス思考」って
何でしょうか。

 

例えば、仕事でミスをしたせいで、
さらにやらなければならない仕事が
増えました。

 

やってしまったものは仕方がない、何でも経験だ、
とプラス思考で考えますか。

 

また帰るのが遅くなる、疲れるなあ、
とマイナス思考で考えますか。

 

どちらの思考が良くて、
どちらの思考が悪いんでしょうか。

 

この本によれば、

 

「プラス思考」「マイナス思考」
そのものに良いも悪いもない、

 

ということなんです。

 

確かに、何でもプラスで考えるほうが
良いことのように感じます。

 

でも毎日残業でつらくて苦しいときに、
本当に「何事も経験だ」など、
プラスの思考で考えることが良いと思いますか。

 

大切なのは、プラスに考えるのが良い、
マイナスに考えるのが悪い、
ということではなくて、

 

今の自分の本心は何か

 

ということなんです。

 

この本では、「半分水が入ったコップ」の例が出てきますが、
一度はやったことがあるかもしれません。

 

半分水が入ったコップを見て、

 

半分も水がある、と思うか
半分しか水がない、と思うか、

 

という例です。

 

この考えはどちらが良くて、
どちらが悪いんでしょうか。

 

それはどちらも正しいんです。

 

物事の判断は状況によって変わります。

 

今水が簡単に手に入る状況であり、
のどが渇いていなければ、
それは「半分もある」ですし、

 

飲み水が簡単に手に入らない状況であり、
のどが渇いているならば、
それは「半分しかない」です。

 

人間の脳は、自分を守るために
「マイナス思考するようにできている」
と言います。

 

ですから、自分の本心を無視しないで、

 

プラスの思考、マイナスの思考、
両方を時と場合によって使い分けます。

 

「そのときの周りの状況も把握して
ベストな判断ができるようになれる思考力」

 

を持てるようにすることが大切なんです。

目標設定はそれでいい!?

 

もう一つこの本で勉強になったのは、

 

「自分に合った目標設定でなければ意味がない」

 

ということです。

 

成功したいとか、
もっと良い人生にしたいとか、考える人は
まず自分の目標や夢、したいことについて
考えると思います。

 

じゃあ今、やりたいことリストを作ったら、
どんなことを書きますか。

 

この本によれば、
自己啓発などのセミナーに参加してこれをやると、
みんな同じような答えになる、というんです。

 

例えば、
高級車を乗り回しているとか、
大豪邸に住んでいるとか、
海外に移住しているとか…

 

もちろんこれが、本当に

 

「理想の人生を生きているときに
自分がなっていること/していること/持っているもの」

 

として思い描けるものであれば、
それはあなたの目標です。

 

目標については、

 

「自分の経験や個性・適正に
リンクしていない目標・願望を掲げても、
どこかでムリが生じる」んです。

 

だから外部から刷り込まれた理想ではなく、
数ある自分のパッションの中から
どれが自分にしっくり合うものなのか、

 

本当の理想の自分を掘り起こすことが
大切なんです。

 

「ムリなものはムリ!」

 

世の中にはいろんな職業、
いろんな職場、いろんな環境があります。

 

今まさに、自分の置かれている環境で
苦しんでいる人もいると思います。

 

この本にあるとおり、

 

「自分の悩みを他人に相談すると、
おおかた最終的に結論として返ってくるのは、
「まあ、ツライかもしれないけど、
がんばるしかないよね」という言葉です。」

 

本当にそのとおりだと思います。

 

たいていのことは他人には決められないし、
自分ではなぜか我慢するほうに捕えてしまいがちですが、

 

あなたの本心は本当にそれでいいと言っていますか。

 

自分の心がすり潰されているなら、
プラス思考に考える必要はないといいます。

 

「責任感や義務感、世間体、そしてお金の恐怖、
そういったものからの思い込みを投げ捨てて、
自分の心のままに行動してみる」んです。

 

それで、Keiichiさん自身も道が開けたという
体験談を語っています。

 

実際、本を読んでこの話に救われた、
辞める決断をしようという気持ちになった
という人もいます。

 

 

 

もちろん、自分の心にしたがったからといって
何もかもうまくいくとは、言っていません。

 

それはそれで別の苦労があると思いますが、
今の自分の状況と気持ちを考えて、
自分を追い詰めるようなことはしなくていいんです。

 

本当に大変なとき、
「ムリなものはムリ!」でいいんだと思えました。

 

『あなたを殺す成功法則「プラス思考の罠」』書評まとめ

 

簡単に情報が手に入れられる今、
インターネットでも本でもすぐに、
成功する方法や
こうすれば上手くいくなんて方法は
知ることができます。

 

でもそんな本をいくら読んでも
うまくいかなかい、合わなかいという人は、
一度この本を読んでみれば、
違うひらめきがあるかもしれません。

 

「世の中は正しそうな情報で溢れている」
といいます。

 

そんななか、
いつもポジティブに、
無理やりポジティブに、
受け入れるのではなく、

 

「自分の心がどう感じているか?」

ということを軸に考えるのは、
とても大切なことかもしれません。

 

考え方が簡潔に書かれているので、
とても読みやすい本です。

 

ぜひ読んで、今までとは違った
理想の自分と向き合う方法を学んでみませんか。

 

P.R.5000人以上が学んだ速読術


僕は小さい頃から本を読んできませんでした。


 

そのせいでコンプレックスを抱えたり、
仕事ができなかったり、
コミュニケーションに難ががあったのです。


 

そんな僕が、速読法に出会って
読書をするようになってから、
あっさりと成功することができました。


 

いまは経営者として活動したり、
セミナーにゲストに呼ばれて講演をしたり、
教養人と一緒に仕事をしたりしています


 

その経験から、才能に恵まれなかったとしても
本を読んで知的好奇心のままに過ごせば
誰でも自分を変えられると信じています。


   

そして、読書家が少しでも増えれば、
一人一人の知識の総量は増え、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。


 

その理念から、僕がどのように速読に取り組み、
ゼロからスキルを磨いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。


 

電子書籍は、これまで5000人以上が読んできました
この書籍に出会って成功した人も大勢います。


 

難しい言葉は極力使わずに、
20分程度でサクッと読める内容に仕上げています。
もし興味があれば読んでみてください。


 

「成功を掴む読書法」を読んでみる


 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

5000人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter