小さい頃からまったく読書をしてこなくて、おまけに知識も教養もなくて読書嫌いだった僕が、とある速読法であっという間に1日24冊の本を読めるようになった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最高の自分を生きるための教科書『ザ・コーチ』の書評レビュー

thecoach

 

こんにちは、篠原です。

 

今日は『ザ・コーチ』という、
「目標の達人」になれる本を見つけたので、
紹介したいと思います。

 

「目標の達人」って何?
僕も最初はそう思いました。
この本によれば、成功するためには
「目標の達人」になる必要があるみたいです。

 

「目標」とか「成功」とか、
わかっているし、特に読まなくてもいい…
と思う人もいるかもしれません。

 

でもこの本の面白いところは、
ビジネスマン、主婦、学生…
あらゆる人に読まれているということです。

 

どうしていろいろな人に読まれているのでしょうか?
たぶんどんな人生であっても、
「目標」のない生活を送っている人、
「目標」のない生活を送りたい人、はいないからだと思います。

 

「目標」があっても上手く前に進めない人、
そもそも自分には「目標」なんてない人、
誰かと「目標」を共有する人におすすめです。

 

まずは「目標」とは何かを知って、
自分がどうしたいか、どうなりたいかを見つけ、
それに向かって実践的に取り組める本です。

 

本の内容は、物語になっているので、
説明ばかりの本が苦手な人にも読みやすい一冊です。

 

 

 

 

 

『ザ・コーチ』著者の谷口貴彦さんについて

 

『ザ・コーチ』を書いた谷口貴彦さんは、
現役のプロコーチです。

 

人の目標達成を支援することを「コーチング」といい、
この「コーチング」を通して、個人や組織に対し、
目標達成のための手助けをしてくれるのが「コーチ」です。

 

現在、ビジネス、教育、スポーツなど様々な分野で、
この「コーチング」は注目されています。

 

谷口さんは、プロコーチに至るまで、
ケーキ職人の見習いとして仕事をはじめ、レストランのウェイター、
旅行の添乗員、ペンションの住み込み等…様々な職業を経験しました。

 

ある外食産業で働いたときに、
延べ150人以上のスタッフ教育を経験し、そこで人を育てること、
コミュニケーションの重要性を知ったそうです。

 

以来、独立して、プロコーチの資格を取得し、
テレビ出演、書籍出版、セミナーや研修など
現在も幅広く活動されています。

 

谷口さんによれば、
「多くの人が、自分の可能性に気づかず人生を終わらせている」
ということです。

 

『ザ・コーチ』は延べ3000時間以上にわたり、
多くの人の夢や目標の実現をサポートしてきた
プロコーチが書いた感動のコーチング・サクセスストーリーです。

言葉の「意味」を知る

 

この本を読むなかで、
まず大切だと思ったのが、
言葉の「意味」を知るということです。

 

自分の目標が何であるかを考えるまえに、
まず「目標」とは何なのか、を考えます。

 

この本のタイトルを読んだときは、
「目標」の意味なんて、僕はわかっている
と思っていましたが、わかっていませんでした。

 

本文で「目標」「目的」「ゴール」の
それぞれの意味を聞かれて、答えられなかったからです。

 

本書では、3つの言葉の意味をこのように定義しています。

 

「目標」:目的を達成するために設けた目当て
「目的」:成し遂げようと目指す事柄
「ゴール」:目的のための最終的な目印

 

例えば、英語を使って他の国の人と話せるようになりたい、
これは「目的」です。
そのために、TOEICで900点以上取る、
これは「ゴール」です。
そのために、毎日1時間以上英語を聞く、毎日単語を100個覚える、
これが「目標」です。

 

つまり、大事なのは「目的」なのです。

 

「目的」を意識して取り組むと、
「目標」や「ゴール」を目指すことに
やりがいを感じることができます。

 

谷口さんは、多くの人が目の前の「目標」に振り回されて、
本来の「目的」を見失っている、と言います。

 

意味が曖昧なものは、
曖昧な夢で終わってしまいます。
本当にそれを実現したいなら、
言葉の意味から明確にしていくことが必要なのです。

 

また谷口さんによれば、
「誰もが無意識のうちに自分の言葉を使いすぎている」
ということです。

 

実際にこの3つの言葉の意味について、
周りの人に聞いてみると、
「わからない」か、人それどれ意味が違う
ということになりました。

 

他人との意思疎通は、
そこで使う言葉の意味の解釈が
違っていると難しいです。

 

言葉を明確にすることは、
コミュニケーションにおいても必要なことで、
特に仕事場やスポーツなどで、
一緒に良い成績や結果を目指す人との間では重要になります。

 

自分の「目標」を考える人も、
誰かと「目標」を共有する人も、
まずこれらの言葉の意味を知ることが大切です。

 

 

 

「できない」のはなぜか

 

目標やゴール、目的を明確に設定し、
行動していくことで、
恩恵(ベネフィット)を得ることができます。

 

例えば、共感者や協力者に出会えたり、
選択力・判断力が増したり、
集中力が増してパフォーマンスが高まったり…
そのベネフィットはとても大きなものです。

 

なのに、なぜなかなか目標を設定できなかったり、
達成できずに終わってしまったりするのでしょうか。

 

僕の場合は「夢は何ですか。」とか、
「目標は達成しましたか。」とか、
聞かれると、困ってしまします。

 

なんとなく夢や目標について語ることに
ためらいがある人は少なくないと思います。

 

「目標」はあるのに、上手く設定できなかったり、
なんとなく達成できずに終わってしまうのには、
この「ブレーキ」が関係しているかもしれません。

 

「ブレーキ」の一つは、
他者からの批判や非難、
成長期に味わった他者との比較による評価です。

 

「今日のように生活が豊かになって、
物質的な欲求が満たされると、
感情的欲求が人の行動の動機になる」といいます。

 

ですから、他の人から批判されたり、
非難されたりして、嫌な思いをしてまで、
夢や目標は語りません。

 

そして、他者と比較されて、欠点ばかりを
あげつらわれる体験を小さいときから繰り返すと、
学習性無力感に陥ってしまうといいます。

 

このブレーキについて知ることは、
自分をコントロールするときにはもちろん、
他者と上手に接するためのヒントになると思います。

 

 

そして他にも、夢や目標に対する無知、
変化に対する恐れ、選択と決断の恐れ
がブレーキになります。

 

人は知らないことはなかなかできません。
そして、変わること、選ぶこと、決めることが
怖いと思ってしまいます。

 

では、これらのブレーキに対して、
どう対処すればいいのでしょうか。

 

ブレーキの大きさは、
あなたの夢や目標の大きさに比例します。

 

だからブレーキを感じたら、
夢や目標を小さくして、
小さいゴールを数多くたてるようにします。
そうして、目標の設定と達成になれていくことが、
ブレーキの解消につながります。

 

目標やゴールを決めたら、
「それを変えてはいけない」
「必ず達成しなければならない」とせず、
あくまでも大切なのは「目的」であることを
忘れないようにします。

 

 

 

 

実際にやってみる

 

「目標」「ゴール」「目的」の意味がわかったところで、
実際にやってみます。

 

自分には「夢」や「目標」がないという人は、
死ぬまでにしたいドリームリスト100を作って、
それを毎日眺めます。

 

そうすることで、リストの中から
もう少し具体的にしたいものや
したいことが見えてくるといいます。

 

それが「目標」をたてることの始まりになります。

 

「目的」を考え、
それに向かうためのいくつかの「ゴール」を設定し、
そしてそのゴールに向かうための「目標」をさらに
細分化して設定します。

 

やり方はなんとなくわかりました。

 

でもここで、僕たちを悩ませるのがノルマです

 

例えば、「今日はこの問題集のこのページをやってしまう」とか、
「来週までに、この仕事を終わらせる」とか決めると、
ノルマと感じて、つらくありませんか。

 

勉強や仕事はもちろん、
自分が趣味で上手くなりたいと思うものであっても、
なんだか疲れてしまいます。

 

「ゴールのための行動計画を目標とすると、
ノルマ化して意欲が下がる」のです。

 

だから、そのゴールにたどり着くために必要な
知識・能力・ツールを、まず考えます。

 

先ほどのTOEICで900点以上取る、というゴールであれば、
知識は、効果的な学習方法や出題形式、
能力は、記憶力や集中力、
ツールは、試験までの予定表や参考書等になります。

 

実際にやっている人のノートはこんな感じです。

 

 

その後、目標を考えます。
ポイントは主語を僕にして、
「いつ」「何が」「どうなる」という表現にすることです。

 

例えば、
「僕は効率よくTOEICの勉強を進めるために、
自分にとって効果的な学習方法が何か、
〇月〇日に明確になっている」という決め方にします。

 

不思議なことに、
「〇日までにしなければならない」という言い方よりも、
はるかにモチベーションが保てます。

 

またこの通過点のような言い方が、
そうなれている近い未来の自分を想像して、
少しワクワクする感じがしませんか。

 

なので、実際に読んだ人のなかでも
モチベーションが上がらない、目標が分からないという人に
響くのだと思います。

 

 

人生において、何度も、いくつも目標を考えるなかで、
これはとても効果的な方法だと思いました。

 

 

 

自分の言葉を知る

 

最初に、言葉の意味を知ることが大切だというお話をしました。

 

「言葉が人に与える影響は強大で、
人は自分の言葉に洗脳される動物」なのだそうです。

 

自分がどんな言葉で行動し、
どんな言葉に価値を置いているか、
どんな言葉なら自分の心が喜ぶかを知ることは、
自分の行動に影響します。

 

例えば、次の言葉の中から、響きがいいなと
思う言葉を選んでください。

 

完璧・判断・影響・感謝・尊敬・自由・合意・理由・評価・存在・
貢献・具体的・情報・快感・承認・正確・単刀直入・違い・ねぎらい・
マイペース・完了・楽しい・調和・結果・実績・オリジナル

 

僕は 感謝と自由と調和 でした。

 

きっと、周りの人とも同じではないと思います。

 

自分の目標やゴールは、自分が惹かれる、
自分の価値観に合った言葉で表現するようにします。

 

 

 

『ザ・コーチ』書評まとめ

 

 

改めて、この本は
「目標」があるのに上手くいかない人、
「目標」なんてない人、
誰かと「目標」を共有する人、
そして、今の生活に不満はないけれど、
満足でもないと思っている人…
多くの人におすすめできる本です。

 

何歳まで生きるかわからない人生を、
より充実したものにするために、

 

あこがれている誰かのではなく、
自分の人生にするために、

 

この一冊が役に立つと思います。

 

 

 

この本と紙とペンがあれば、今すぐ始められるものなので、
ぜひ読んで、自分だけの「目標」に取り組んでみてください。

 

 

P.R.5000人以上が学んだ速読術


僕は小さい頃から本を読んできませんでした。


 

そのせいでコンプレックスを抱えたり、
仕事ができなかったり、
コミュニケーションに難ががあったのです。


 

そんな僕が、速読法に出会って
読書をするようになってから、
あっさりと成功することができました。


 

いまは経営者として活動したり、
セミナーにゲストに呼ばれて講演をしたり、
教養人と一緒に仕事をしたりしています


 

その経験から、才能に恵まれなかったとしても
本を読んで知的好奇心のままに過ごせば
誰でも自分を変えられると信じています。


   

そして、読書家が少しでも増えれば、
一人一人の知識の総量は増え、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。


 

その理念から、僕がどのように速読に取り組み、
ゼロからスキルを磨いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。


 

電子書籍は、これまで5000人以上が読んできました
この書籍に出会って成功した人も大勢います。


 

難しい言葉は極力使わずに、
20分程度でサクッと読める内容に仕上げています。
もし興味があれば読んでみてください。


 

「成功を掴む読書法」を読んでみる


 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録!

1日最高72冊読破!

(平均1日24冊)

72satu

>>詳しくはコチラ

ブログランキング1位!

ブログランキングで1位になりました♪

いつもありがとうございます!

ranking2

著者プロフィール

20140719-BatteryParkCityNY-LunchWithErinAndrew (56Edit) - コピー

名前:篠原錬

 

小さい頃から本を読んでこなかったせいか、

知識も教養もゼロに等しかった。

 

まとめサイトで手に入れた情報をひけらかすなど

『情弱』『教養のない男』

というレッテルを貼られ続ける。

 

なんとかしないといけないと思い

様々な速読法に手を出すも、

詐欺まがいのものに出会い何度も挫折。

 

そんな中、

とある"キッカケ"に出会い、

確実な速読法を習得する。

 

その速読法を愚直に学び続け

正しく実践し、努力を続けたところ

いまでは1日24冊以上もの本を読めるように。

 

そしてその速読法を誰でも学べる形に

アレンジし、独自の速読法を確立。

 

いまでは色々な知識を得たり、

検定を取得するために勉強中

 

現在、【2000いいね!】を頂き、

5000人以上にダウンロードされた

電子書籍『成功を掴む読書法』を無料贈呈中。

 

興味があったらどうぞ

⇒成功を掴む読書法はコチラ


潜在意識 ブログランキングへ

定期的に更新しますので

『Ctrl + D』

 でお気に入り登録お願いします!

Twitter